宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
こどもがよろこぶ おはなし50
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

こどもがよろこぶ おはなし50


出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!

本体価格: ¥2,280 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「こどもがよろこぶ おはなし50」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • 後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

日本と世界の昔話・詩・童話50編で構成。美しい文章を、新しい感覚の絵とともに贈ります。こどもと一緒に読んでほしい、お話の決定版。

ベストレビュー

詩ものっているおはなし集

絵がいろんなテイストで書かれていて、素敵です。
一つの話が2〜4ページくらいに書かれていて、物語を楽しみながら一日一話読むのにちょうどいい量。5歳くらいで、お話しを聞くのが好きな息子が気に入っています。
有名なお話しのほかに、詩ものっていて、普段詩にふれることはなかなかないので、これもまた新しい世界に出会うのにちょうどいいなと思っています。
子どもからしたら、え?もう終わり?ってなっていますが…。
(みっとーさん 30代・ママ 男の子5歳、女の子3歳)

出版社おすすめ




『なんびきのねこたちおどる?』犀の工房・出口有加さんインタビュー

こどもがよろこぶ おはなし50

みんなの声(2人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット