貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
福を呼び込んでくれる!絵本『おふくさん』の複製画が、絵本ナビ限定で発売中♪
子どもも、おとなも楽しめる江戸小ばなし1
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

子どもも、おとなも楽しめる江戸小ばなし1


出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!

本体価格: ¥750 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「子どもも、おとなも楽しめる江戸小ばなし1」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

ISBN: 9784577031452

小学校中学年から大人まで

出版社からの紹介

落語のまくら話としても語られる江戸小咄を集めたシリーズ第1巻。現代にも通じる小咄に、ユーモアあふれる絵をつけた楽しい読み物。

ベストレビュー

ギャングエイジにお薦め!

以前にも読んだような・・・
と、読み返し(^^ゞ

何度読んでも
短くて、落ちがあって
ちょっと「?」って
考えてから
\(◎o◎)/!そうっか〜
とか

私の頭の回転が鈍いので
少々遅い反応かもしれませんが
ひとりで読んでいるから
それもまた、おかしかったりして

ことば、行動
人間とは、いかに昔からおかしいことを
しているのでしょうね

それをさらっと流すのではなく
小噺として
紹介するのが楽しい

声を出して、友達と楽しむのがいいと思いますよ
(しいら☆さん 40代・ママ 男の子19歳)

出版社おすすめ




『おもしろいほど日常単語が身につく 英語&日本語(バイリンガル)かるた』インタビュー

子どもも、おとなも楽しめる江戸小ばなし1

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット