たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
メモ&付箋96枚いり!おてがみがもっとたのしくなる折りてがみアイデアがいっぱい♪
ふわふわ、もこもこ。今年のミッフィーは・・・ゆきだるま?!
天風の吹くとき
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

天風の吹くとき

  • 児童書
絵: 小泉 るみ子
著者: 福明子
出版社: 国土社 国土社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

「天風の吹くとき」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2010年07月
ISBN: 9784337336032

小学校高学年〜
A5判・128ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

“鳥ケ峰の勇者は飛ぶ”という言い伝えのある空中砦の街に、林子はたったひとりでやってきた。
小さな胸に、大変な秘密をかかえて。そんな林子に一太は何としても“風の祭”を見せたいと願うのだが…。

ベストレビュー

命がけの夏

2011年度読書感想文全国コンクール小学校高学年の部課題図書。
11歳になったばかりの林子は、おじいちゃんの住む鳥ヶ峰の街に一人でやってきます。
ここは、空中砦のような石垣の上にあり、「鳥ヶ峰の勇者は空をとぶ」という言い伝えもあるというのです。
見るもの聞くもの珍しいことばかりの林子につられて、
この街の様子がグイグイと語られます。
近所の集落には男の子ばかりで、いとこの一太と一緒の世界は、
まさしく男の子ワールド。
でも、林子も負けてはいないはじけっぷりです。
後半は、三味線・胡弓の音色と歌、踊りが一体となる風鎮めの祭を軸に、
林子の秘密も明らかになります。
そして、帰る間際、林子は「鳥ヶ峰の勇者は空をとぶ」を体感します。
それぞれの境遇の中で精一杯生きる子どもたちの姿が清々しかったです。
連綿と続く伝統行事の重みも感じます。
それは、鳥ヶ峰の街の風土と一体化した人々の知恵なんでしょうね。
表題にもある「天風」も、不思議な存在感です。
林子ちゃん、きっと、大丈夫!
(レイラさん 40代・ママ 男の子17歳、男の子15歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語

福明子さんのその他の作品

まぼろし写真館 / ころげ月 / 母ちゃんのもと / ちっこばぁばの泣いた夜 / ジンとばあちゃんとだんごの木

小泉 るみ子さんのその他の作品

なきむしにかんぱい! / みてろよ!父ちゃん!! / あまのじゃくにかんぱい! / 森の本やさん / ないしょにかんぱい! / むらさき色の滝



葉祥明さんの描く不朽の名作

天風の吹くとき

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67




全ページためしよみ
年齢別絵本セット