おにたのぼうし おにたのぼうし
作: あまん きみこ 絵: 岩崎 ちひろ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
節分の夜、豆まきの音がしない一けん家にとびこんだおにのおにたは、病気の母を看護する少女に出会います。
miki222さん 30代・ママ

鬼にも色々あるのに
節分の日に鬼がやって来ると聞いて怖がっ…
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…12の特典が使える 【プレミアムサービス】
クジラと海とぼく
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

クジラと海とぼく

  • 児童書
文: 水口 博也
絵: しろ
出版社: アリス館 アリス館の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2010年09月
ISBN: 9784752005230

小学校高学年〜
21×16cm・112ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

ぼくの目とのぞきこんだクジラの視線があった時、この動物にたとえようのない親近感を感じた…。
少年の憧れだった海の世界は、やがて彼を海洋写真家へと導いた。海とクジラを追い続けた少年の物語。
クジラにあこがれ、海と育ってきた作者の姿をとおし、海のいきものや研究のおもしろさを紹介。

夢を思い続けることの大切さを伝えます。

ベストレビュー

クジラを追い求めるようになったきっかけ

水口さんの撮るクジラの生態の素晴らしさの原点は、水口さんの少年時代にありました、
子どもたちの様々な夢、人生、未来を考える上で、魅力ある職業人の手記はこのうえない参考書だと思います。
水口さんのこの本は、その中でも飛び抜けています。
クジラたちと仲間になれたことの裏のエピソードが、飾ることなく語られていました。
(ヒラP21さん 50代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★

水口 博也さんのその他の作品

クジラ&イルカ生態ビジュアル図鑑 / クジラ・イルカのなぞ99 / ぼくが写真家になった理由 クジラに教えられたこと / ぼくら地球のなかまたち イルカ / ノチョとヘイリ / クジラ 大海をめぐる巨人を追って



困っているぼくのところに本物の神様が!

クジラと海とぼく

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット