しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
よるくま
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

よるくま

  • 絵本
作・絵: 酒井 駒子
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

絵本クラブ
発行日: 1999年11月
ISBN: 9784033312309

対象年齢 3,4歳から
19cm×25cm 32ページ
関連書籍
よるくま クリスマスのまえのよる

3〜4歳 編集部おすすめ

この作品が含まれるテーマ

おはなし

 男の子がベッドでお母さんにお話します。「ママ、あのね、きのうのよるね、かわいいこがきたんだよ」――。そのかわいい子とはくまの子、名前はよるくまです。よるくまは、自分のお母さんを探しに男の子を訪ねたのでした。
 男の子は一緒に、お母さんを探してあげます。どこに行ったのかな。お買い物? 公園? 二人は夜の町をさまよいます。もしかしたら、もう家に戻っているかもしれません……。

よるくま

みどころ

 母親を探すよるくまの気持ちが、男の子の語りで伝えられた可愛らしい作品。男の子とお母さん、よるくまとくまのお母さんの会話が、作品全体のトーンを柔らかく演出しています。特に男の子の幼い語り口調は、よるくまを助けてあげたい気持ちを純粋に表し、子供は共感。大人は心打たれることでしょう。各ページの黒枠は、母親を捜すよるくまの不安な気持ちと夜の神秘をほどよく調合し、独特の世界を築いています。離れているときは、こんなに淋しい……、よるくまの気持ちはイラストの表情から切々と伝わります。親子の愛情が再確認できる絵本です。
――(ブラウンあすか)

出版社からの紹介

母と子、そして子どもだった私たちの心に響き。母の匂いあたたかさを、思い起こさせる上質なファンタジー絵本。

この人もおすすめしています

【安藤パパ】
「パパ、コレ、ヨンデ!」。3歳の息子がこの絵本を本棚からチョイスするのは決まってママが仕事で不在のときだ。「ママ、あのね・・・」。読み出すとヒロシはよるくまに感情移入、「おかあさんは?」と、よるくまが涙するシーンでは一緒に泣き出してしまうこともしばしばだ。
そう、本書は母親と子どもの愛情確認がテーマだが、同時にワーキングママへの応援絵本でもある。いつもママと一緒にいたいけどいられない保育園児のさみしい気持ちと、それを痛いほど感じながらも、仕事したい本能や生計のために働く母親の葛藤が交錯し、読んでいて切なくなってくる。
「おかあさん、どこいってたの?」。よるくまが、やっとのことで母親と出会えた場面ではヒロシもニッコリ。きっとその笑顔は、母親が保育園に迎えに行ったときに見せるものと同じなのだろう。

ベストレビュー

お前はあったかいね、が好き

 はじめてこの絵本を読み聞かせたとき、働くママたちのために書かれたんだと思いました。よるくまが、ママを捜して男の子所にくるシーン。男の子がママを一緒に捜すシーン。そのどれもが、きっと保育園児の娘達にとっては、心に響いてしまうのでしょう。
 よるくまが泣き出すと一緒になって探している、と次女がまだ小さいとき言っていたのを思い出します。

 そして、いつも私が泣けるのは「おまえはあったかいね」とよるくまのママが抱きしめるところ。もう、大きくなってしまったので、抱きしめることはすくなくなりましたが、今でも小さな頃の娘達の「だきあと」が自分の体の記憶にしみ込んでいます。
(セルバさん 30代・ママ 女の子6歳、女の子5歳、男の子0歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★

酒井 駒子さんのその他の作品

森のノート / カーネーション / 犬が来る病院 命に向き合う子どもたちが教えてくれたこと / マルの背中 / 子どもの自分に会う魔法 大人になってから読む児童文学 / なきむしこぞう



『スコットくんとポワロくん』<br>フィリケえつこさんインタビュー

よるくま



全ページためしよみ
年齢別絵本セット