アリとくらすむし アリとくらすむし
写真・文: 島田 たく  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
アリとくらす、知られざるむしたちにせまる写真絵本。アリに姿をにせて身をかくすむしや、アリと助けあうむしなど、驚きの姿を大紹介!
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
生きのびるために
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

生きのびるために

作・絵: デボラ・エリス
訳: もりうちすみこ
出版社: さ・え・ら書房

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

宗教ってなんなんでしょうね...

タリバンが台頭してきた時の衝撃を忘れません。
バーミヤンの有名な磨崖仏を一瞬で爆破してしまったんです。
そして今は亡き日本画家の平山画伯が抗議の声明を出しました。

当時のニュースで、どれだけタイムスリップしたことをしているんだろう、
この人たちは。と思ったのを今でも覚えています。

そんな政権下でも、人々は理不尽な中でも必死に生きているんですね。女の子が男の子のふりして、一家を助けていたとは、そんな事実が
あったとは知りませんでした。大変な勇気ですよね。

宗教は決して悪いものではないのですが、昨今の流れや出来事から考えると、きっと生まれながらの宗教が決められていない国に生まれたからこそ思ってしまうのかもしれませんが、あまりに盲目に、そして宗教という名の下で世間に対する不満とかを暴力に振り替えるのはやめて欲しいと願ってやみません。

パヴァーナなお母さんやお姉さんたちの消息がとても気がかりです。どうやら続編があるようなので、はやく読みたいと思います。
(汐見台3丁目さん 40代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


デボラ・エリスさんのその他の作品

希望の学校―新・生きのびるために / きみ、ひとりじゃない / ヘブンショップ / 三つの願い パレスチナとイスラエルの子どもたち / さすらいの旅―続・生きのびるために

もりうち すみこさんのその他の作品

宿題ロボット、ひろったんですけど / 呪われた図書館 / クジラに救われた村 / リトル・パパ / ヘレン・ケラーのかぎりない夢 見る・聞く・話す・読む・書く・学ぶ夢に挑戦した生涯 / 名探偵犬バディ(5) 青い舌の怪獣をさがせ!



ネジってすごい!ものづくりの新たな魅力を発見☆

生きのびるために

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25




全ページためしよみ
年齢別絵本セット