雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
なみ@えほんさん 50代・その他の方

詩と絵の すてきなハーモニー
 よく知られている詩ですが、大きな字で…
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
いつまでねてるレオンちゃん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

いつまでねてるレオンちゃん

  • 絵本
作: アンヌ・ロラデュー
絵: ミレイユ・ダランセ
訳: いせひでこ
出版社: 朔北社

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「いつまでねてるレオンちゃん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2000年05月
ISBN: 9784931284562

26×21cm   25頁

出版社からの紹介

巣から飛び立ち、少しずつ大人になっていく小鳥たち。でも、レオンはまだ見ぬ外の世界への不安がいっぱいで、一歩を踏み出す勇気がありません。本当は飛びたいけど…無関心を装います。
そんなレオンの様子を見守っていたお父さんが、ある日レオンを巣から蹴り落とすのです。無我夢中で羽をはばたかせるレオン。ああ、もみの木にぶつかりそう!いいえ、レオンはちゃんと飛んでいたのです。

ベストレビュー

子供の旅立ち促進

カラスのレオンはいつまでも巣立たず、全く飛ぼうとしません。ある夜にこっそり飛ぶ練習をしようとしますが怖くて飛ばないままやめてしまいます。それを見ていたパパ、翌朝、子供達を並べて、レオンをおもいきり蹴飛ばして枝から落とします。レオンは初めて飛べるように、、、。

親は、時には心を鬼にしないといけないということも親が学べる絵本。子供にとっては、勇気を出したらできることもあるよ、と教えてくれます。

絵もなかなか素敵で、おすすめできる本です。
(えみりん12さん 30代・ママ 女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。

ミレイユ・ダランセさんのその他の作品

イゴールの金のすず / ちびけちゃんにもやらせて! / ごめんねボスコ / ぼくねむれないよ!

いせひでこさんのその他の作品

はちみつ / 幼い子は微笑む / おさびし山のさくらの木 / わたしの木、こころの木 / 不思議の国のシロウサギかあさん / かしの木の子もりうた



『あっちゃんあがつく たべものあいうえお』の魅力を広めた書店員さんにインタビュー!

いつまでねてるレオンちゃん

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット