だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。
やっぱり皆で作りたい♪『ピタゴラゴール1号』『荷物をのせると走るでスー』発売中!
あさです!
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

あさです!

  • 絵本
原作: くすのき しげのり
文・絵: いもと ようこ
出版社: 佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2011年06月10日
ISBN: 9784333024889

3歳から
いもとようこの絵本シリーズ

この作品が含まれるシリーズ

関連するスペシャルコンテンツ


いもとようこ賞、佼成出版社賞決定しました!

出版社からの紹介

朝です。窓をあけるのも、お花にお水をあげるのも、お当番さんの仕事。
でも、今日はお当番のやぎちゃんがお休みです。
ミュー先生は自ら窓をあけました。そして、お花にお水をあげるのはどうしようかと、みんなににっこりと笑いかけると……。
「はい! わたしがやります!」「ぼくも!」「わたしも!」
みんなでお花にお水をあげて、いい気持ち。
すると、ミュー先生がさけびました。「大切なことを忘れていたわ!」。
なんだろう、なんだろう? 忘れていることってなんだろう……?

ここがポイント
・みんなと助け合うことの大切さを伝えます
・自ら考えて行動することの素晴らしさを伝えます
・礼儀作法について考えさせてくれます

<おうちのかたへ>
「やさしさ」が生んだ子どもの「気づき」 教育評論家・尾木直樹

「お当番のやぎちゃんがお休みしているから、朝、窓が閉まっていた。だけど、だれも代わりに窓を開けなかったし、お花に水もあげなかった」。
 こんなある日の朝のこと。教室に入ってきたネコのミュー先生は、やさしく、にっこりほほえんで、「そう、じゃあ わたしが まどを あけましょう」と自ら窓を開け、花に水をやります。こんな先生を見て、りすくんも、みんなも、「自分がやればよかった」と、胸をドキンとさせます。
 “子どもたちは、一言かけてあげれば、きっと自分で気づき、理解してくれる。そして、行動に移してくれるはずだ”――そんなミュー先生のやさしさと子どもたちへの信頼が、子どもたちの心の中の「気づき」を温め、芽生えさせたに違いありません。
 これが、「なぜ代わりにやらなかったの?!」などと子どもたちを責めていれば、心の中の「気づき」は芽を出すことなく、しぼんでしまっていたことでしょう。子どもたちは自分を責めてしまったかもしれませんし、うっかりすると、先生に反抗していたかもしれません。
 子どもの「気づき」を信頼して、待つ姿勢でやさしく接したミュー先生。先生の一言と行動を見て、「自分が代わりにやればよかったんだ!」と気づき、素直に行動に移す子どもたち。なんとすてきな響き合う関係でしょうか。
 こんな関係性があれば、学校は何倍も楽しくなり、生活も豊かになります。心遣いが大切だと気づけたとき、行動に移せたときのすがすがしさも倍増です。そして、みんなでステップアップできるのです。
 最後に、朝のあいさつを忘れていたことにみんなで気づいたとき、「おはよう!」の花が次々と教室に咲きました。


<編集者から>
動物の子どもたちが、ミュー先生に「大切なことを忘れていたわ!」と言われて、みんなで「なんだろう、なんだろう……」と真剣に考える部分で、読者も一緒に考えさせられる展開になっています。
大切なことを思い出したときの、子どもたちの嬉しそうな笑顔に、おもわず微笑みかけてしまいますよ!

あさです!

ベストレビュー

言われなくても自分から

言われなくても自分から行動するのって
結構難しいですよね、大人でも。

誰かがやるよね、担当の人いるよね・・・
と、自ら進んでする大切さを知っているはずなのに
なぜだか勇気が出なかったり面倒がってしまったり・・・。

自分でも積極的には出られないくせに
子供があいさつしないときは「ほら、なんていうの」
なんて促してしまっていました。

でもみゅうせんせいは、そんなこと決して言いません。
自らやってみせたり、にっこり笑うだけ。

それでもこどもたちは「どきん」としながら
じっくり考えます。そして思いついたら即行動!

お手本となる背中をみせておいて、あとはゆっくり考えさせる。

おとなにこそ大切な内容の絵本だと思いました。
(いちりんのはなさん 30代・ママ 男の子5歳、女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


くすのき しげのりさんのその他の作品

おにぼう / 「ごめんなさい」が いっぱい / ぼくのにいちゃんすごいやろ! / みてろよ!父ちゃん!! / 三年一組、春野先生!三週間だけのミラクルティーチャー / ニコニコ・ウイルス

いもと ようこさんのその他の作品

きつねのがっこう / てんこうせいはつばめくん / ながぐつをはいたねこ / おふろ / おにはそと!ふくはうち! / ぬいぐるみのミュー



第11回 『くつ あらいましょう』のさこももみさん

あさです!



全ページためしよみ
年齢別絵本セット