くまの子ウーフ くまの子ウーフ
作: 神沢 利子 絵: 井上 洋介  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
遊ぶこと、食べること、そして考えることが大すきなくまの子ウーフ。ほら、今日もウーフの「どうして?」が聞こえてきます!
アマアマ47さん 40代・ママ

考えさせらる、色々な事を
6歳の息子と3歳の娘に読みました。 …
見てください、この可愛さ…。「こぐまちゃん」と「卯三郎こけし」の奇跡のコラボです!
たべられたやまんば
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

たべられたやまんば

  • 絵本
作: 松谷 みよ子
絵: 瀬川 康男
出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!

在庫あり

ゴールデンウィーク中の配送について

本体価格: ¥1,500 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2002年12月
ISBN: 9784577025505

対象年齢: 幼児から

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

シリーズ8巻のうち、同じタッチの絵はひとつもありません。名作をお楽しみください。

ベストレビュー

登場人物は必死なのに、そこが笑えるの。

数ある日本昔話でも、私はこのお話がダントツで好き!
メリハリがあって、どきどきハラハラで、でもって登場人物は必死なのに、その行動・セリフが面白い。
こんな昔話はあまりありませんよ。
日本の昔話は、勧善懲悪で、征伐ものが多いんです。(まぁ、このお話のやまんばも、和尚さんに征伐されて、いや、食べられてしまいますけどね)
原作は「三枚のお札」。同じ松谷みよ子さん原作で別の絵本も出ています。
が、後から編集されたこちら「たべられたやまんば」も、いいですよ〜。
なんといっても、瀬川康男さんのイラストがいいんです。
さて、お話を知ってる方も多いと思いますが、ストーリーは、やまんばの口車にのって、山姥の家へ上がってしまったこぞうが、和尚さんがいざという時の為に使うがいいといった魔法(?)のお札で、難を切り抜けてお寺に帰ってくるというお話です。
読み聞かせをしていて、子供達がうけるシーンは、やはり3枚それそれのお札が活躍する時。
1枚目はこぞうの代わりに「まぁだ。まぁだ」(便所の柱に貼られた)という役目。
2枚目は迫ってきたやまんばとの間に川を作ります。
3枚目は再び迫ってきたやまんばの前に砂山を出します。
その度に起こすやまんばのアクションが笑えるんです。
ラストは、お寺に飛び込んだこぞうを守るため、妙に落ち着きのある和尚さんとやまんばの対決!
昔話だからと敬遠しなで、ぜひお子さんと御一緒に楽しんで下さい。
(てんぐざるさん 30代・ママ 女の子9歳、女の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


松谷 みよ子さんのその他の作品

ともだち <復刊傑作幼児絵本シリーズ 2> / あおいぼうしののんちゃん <復刊傑作幼児絵本シリーズ 6> / まいごのくじら <復刊傑作幼児絵本シリーズ 10> / 講談社文庫 アカネちゃんの涙の海 / 講談社文庫 モモちゃんとアカネちゃん / 講談社文庫 ちいさいモモちゃん

瀬川 康男さんのその他の作品

ちっちゃなえほん ちっちゃなちっちゃなものがたり / ひな / かぜのかみとこども / 瀬川康男画集 いきとし いけるもの / こしおれすずめ / Peek-a-Boo いない いない ばあ (英語版)



音楽家の両親をもつ「ぼく」の心のものがたり

たべられたやまんば

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.67




全ページためしよみ
年齢別絵本セット