あかちゃんの木 あかちゃんの木
作: ソフィー・ブラッコール 訳: やまぐち ふみお  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「あかちゃんは、どこから来るの?」 子どもの疑問に、しっかりと向き合います。あかちゃん誕生にまつわる絵本。
イカリサンカクさん 30代・ママ

いろいろな表現があった!
このお話は、赤ちゃんが生まれてくる家の…
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
かいこ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

かいこ

  • 絵本
作・絵: 熊谷 元一
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

作品情報

発行日: 1982年03月
ISBN: 9784834004731

5才〜6才向き
ページ数: 24 サイズ: 25X23cm かがくのとも 1973年10月号

出版社からの紹介

かいこは一生のうち、卵、幼虫、さなぎ、蛾というように4回も姿を変えます。その一生を追いながら、飼育にたずさわる人びとの生活と労働も含めて描いています。(かがくのとも55号)

ベストレビュー

これだけ描かれると、気持ち悪いです。

「かがくのとも傑作集」の1冊です。
この絵本を描かれた熊谷さんは1909年生まれの方で、この絵本も1973年に描かれている古い本です。
今ではそういう風習が残っている地域でしか「花嫁行列」はなくなりましたが、
この絵本では1ページ目からそういうシーンで始まり、
「お嫁さんの着もの」は何から作られているか?と聞いてきます。

かいこを飼育してまゆを取り、そこから糸を作るという過程は、現代ではなかなか見ることができなくなっているので、
「そうだったのか」と知る楽しみはありますが、作品の流れはもう少し簡潔でもよいかな?と思います。

また、絵本の中で見開き1ページにうじゃうじゃかいこが描かれていて、女の子が数匹に手に載せているシーンがあったのですが、ちょっと気持ち悪くなってしまいました。
虫が苦手な人にはあまりお勧めできない絵本です。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子15歳、女の子11歳)

出版社おすすめ


熊谷 元一さんのその他の作品

椋鳩十全集(11) 自然の中で / じいちゃの子どものころ / 源じいとふしぎな村 / 二ほんのかきのき / たなばたまつり



23人の絵本作家から未来の子どもへメッセージ

かいこ

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット