くまの子ウーフ くまの子ウーフ
作: 神沢 利子 絵: 井上 洋介  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
遊ぶこと、食べること、そして考えることが大すきなくまの子ウーフ。ほら、今日もウーフの「どうして?」が聞こえてきます!
アマアマ47さん 40代・ママ

考えさせらる、色々な事を
6歳の息子と3歳の娘に読みました。 …
安心してください、はいてますよ! パンツをぬがしてから読む絵本
菜緒のふしぎ物語
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

菜緒のふしぎ物語

作: 竹内 もと代
絵: こみねゆら
出版社: アリス館 アリス館の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

続きがあれば読んでみたい

息子の4年生の国語の教科書の中に紹介されていたお話でした。

竹内もと代さんの作品をまだ読んだことがなかったのですが、調べたら『雪むかえの村』という絵本があり、その作品がよかったので、この話も期待しながら読みました。

9歳の奈緒は、祖父母と曾祖母が住む古い家へ一人で泊まりに行きます。

古い家を取り壊して建て替える話も出ていたのですが、その家には不思議なものたちが住んでいました。

曾祖母・さよが家に住むものたちの不思議を奈緒に教えてくれます。

舞台となるのがかやぶき屋根の家。

ざしきぼうずの存在を教えてくれるのが88歳のさよばあちゃんということで、不思議なものが出てきてもその成り行きが自然に感じられるお話です。

こみねゆらさんの絵がとてもかわいくてまた色遣いもとてもきれいで、幻想的なお話に花を添えているように思いました。

この話の中には冬の話が出てこないので、この家で起こる冬はどんな光景だろうと思い、もし続きがあるなら読んでみたいと思いました。

続きがあるような終わり方にも感じました。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


竹内 もと代さんのその他の作品

ふしぎねこりん丸 / イチゴがいっぱい / 小道の神さま / 土笛 / ゆりあが出会ったこだまたち / キジ猫キジとののかの約束

こみね ゆらさんのその他の作品

若草物語 / もみの木のねがい / 人くい鬼 / しあわせなおうじ / 空とぶじゅうたん(1) / 空とぶじゅうたん(2)



音楽家の両親をもつ「ぼく」の心のものがたり

菜緒のふしぎ物語

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット