新刊
バムとケロのカレンダー2023

バムとケロのカレンダー2023(文溪堂)

2023年も毎日バムとケロと一緒!

話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

りんご畑の九月

りんご畑の九月

文: 後藤 竜二
絵: 長谷川 知子
出版社: 新日本出版社

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,650

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 1995年12月25日
ISBN: 9784406023931

小学校低学年〜小学校中学年

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

九月。あまずっぱいにおいでむせかえるようなりんご畑に出没したりんごどろぼう。ガードマンをかってでたのに、おにいちゃんはちっとも見まわりをしない。手に木刀、腰になげなわといういでたちでぼくはどろぼう退治に立ち上がった……!


ベストレビュー

校長先生が読んでくれました

学校での読み聞かせで校長先生が読んでくださるのを聞いて、いいな〜と思い、娘のクラスで9月になるのを待って読みました。  高学年ですが、りんご農家の事情など考えもしないでしょうから、その生活をわくわく・どきどきしながら垣間見ることが出来たようです。 家族の暖かさや兄弟のつながり、そして近所の農家仲間のつながりなど、今の時代忘れかけているものをほのぼのと感じさせてくれます。   ガリベン兄さんが最後にもそもそとつぶやき問いかける言葉がいいです・・・「あのさ、人間ってさ、そんなに信じられないものかな」と。 しんから悪い人など、そうそう居るわけではないと素直に思いたいですね〜。


(チョミチョミさん 40代・ママ 女の子11歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




人気作品・注目の新刊をご紹介!絵本ナビプラチナブック

りんご畑の九月

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.67

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット