ゆきが くれた おくりもの ゆきが くれた おくりもの
文: リチャード・カーティス 絵: レベッカ・コッブ 訳: ふしみ みさを  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
ある寒い冬の夜、ロンドンの街に大雪が降った! 勉強のできない男の子と、きびしい先生に起きた、あたたかな奇跡のものがたり。
てんぐざるさん 40代・ママ

映像で見てみたい気がしました。
この作品は日本では2014年の10月に…
【0歳のあの子へ】赤ちゃんは絵本が大好き!目や耳でめいっぱい楽しんでくれますよ。「0歳向け絵本セット」
三国志絵本 空城の計
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

三国志絵本 空城の計

  • 絵本
絵: 于 大武
著者: 唐 亜明
出版社: 岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,600 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2011年04月
ISBN: 9784001112252

A4判変型・上製・32頁

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

部下の失敗により、ほとんど兵力がないまま、15万の敵軍と向き合うことになった孔明。
人々があわてふためくなか、孔明は、迫りくる大軍を前に、城門を開け放つよう命じます。
そして自らは城の上にあがって、静かに琴を弾きはじめるのでした。
三国志の名軍師、諸葛孔明が、知恵を使って敵のうらをかく、痛快な物語。

ベストレビュー

分かりやすい歴史絵本!

9歳の息子と読みました。
三国志の諸葛亮のお話。
「三国志」というとなんか長いし登場人物多そうだし難しそう・・・
とちょっと気後れしてしまうのですが、
この絵本は諸葛孔明の「空城の計」について
とても分かりやすく描かれています。

他の場所へ援軍を送ってしまい、
自身の身の回りにこれといった兵隊がない状態で
魏軍に責めてこられた諸葛亮。
どうやってこの危機を乗り切ったか!

ハラハラドキドキ、でも最後には諸葛亮が乗り切ることが
なんとなく分かっているので、
安心して読める絵本です。
この手の話、息子は大好きなようで、
ちょっと難しい文章にも頑張ってついてきていました。

楽しく歴史が勉強できる、有難いシ一冊です!
(ムスカンさん 30代・ママ 男の子9歳、女の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


唐 亜明さんのその他の作品

中国の民話 なみだでくずれた万里の長城 / 三国志絵本 七たび孟獲をとらえる / 西遊記 (二) / 西遊記 (三) / 西遊記 / 新装版 封神演義 ナージャとりゅうおう

于 大武さんのその他の作品

北京―中軸線上につくられたまち / そんごくう / 三国志絵本 十万本の矢 / 西遊記



寝かしつけに最適な水中絵本

三国志絵本 空城の計

みんなの声(3人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット