もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
三国志絵本 七たび孟獲をとらえる
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

三国志絵本 七たび孟獲をとらえる

  • 絵本
絵: 于 大武
著者: 唐 亜明
出版社: 岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥2,200 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2011年04月
ISBN: 9784001112245

A4判変型・上製・72頁

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

平和がつづいていた蜀の国に、ある日とどいた反乱の知らせ。
暴れ回る南蛮王孟獲をしたがえるために、孔明がとった作戦とは? 
三国志の名軍師、諸葛孔明と、孟獲はなんと七度も対決します。
象や虎の軍隊に、火をふく戦車!迫力ある戦いの場面に、極彩色ゆたかな南方の風俗をたっぷり描きました。

ベストレビュー

諸葛亮さすが!

9歳の息子と読みました。

息子と一緒に読んだ三国志シリーズもこれで最後の三冊目。
今回は題名の通り「七たび」捉えるとあって、
その過程が全部描かれている分、お話としては長いのですが、
諸葛亮の作戦のキレが一番よく描かれているお話ではないかと思います。

一回、二回、三回と捕らわれていくうちに、
投降はしないものの、孟獲の態度がちょっとずつ変化していくのにも
気づくことができます。

それにしてもびっくりしたのは孟獲の奥さん。
こんな時代に、こんな勇敢なオンナの人がいたのかー。
しかも孟獲若干尻に惹かれ気味で、
そんなところもちょっと楽しめた一冊でした。
(ムスカンさん 30代・ママ 男の子9歳、女の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


唐 亜明さんのその他の作品

中国の民話 なみだでくずれた万里の長城 / 三国志絵本 空城の計 / 西遊記 (二) / 西遊記 (三) / 西遊記 / 新装版 封神演義 ナージャとりゅうおう

于 大武さんのその他の作品

北京―中軸線上につくられたまち / そんごくう / 三国志絵本 十万本の矢 / 西遊記



『大きなクスノキ』 みそのたかしさん さとうそのこさん インタビュー

三国志絵本 七たび孟獲をとらえる

みんなの声(2人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット