モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…
【クリスマスプレゼントにオススメ♪】 一目惚れ続出の「乗れちゃうはらぺこあおむし」。大人気販売中です!
二ばんめの魔女
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

二ばんめの魔女

ベストレビュー

シュルヴィッツが挿絵を書いている児童書

ユリ・シュルヴィッツ作品を読み進むうちに、シュルヴィッツが挿絵を書いている児童書があることを知りました。

それがこの作品です。

作者がセンダック、と言ってもモーリス・センダックではなくてジャック・センダックで、モーリス・センダックのお兄さんだそうです。

プラッツハウゼン村に次々に起こる困った出来事。

アンドルーという少年は、へんな女の子に出会い、その子が魔女だとわかり、困った出来事が魔女のしわざだと知るのです。

いじわるな魔女のいたずらだと思っていたのですが、魔女の国へ帰った時に、

人間がその魔女のことを覚えていないとその魔女は死んでしまうというくだりはとても切ないものを感じました。

なぜこのタイトルが『二ばんめの魔女』ということはこの作品を読んでいただくとして、

魔女ものの作品は、断然海外作品の方がおもしろいような気がしました。

文章がほとんどひらがなで、日本では昭和44年に出版された作品です。

低学年向けの一人読み用の作品だったのかもしれませんが、中学年以上の方がこの魔女の切ない感情や、

アンドルーと魔女に芽生えた友情についてより深く感じることができるかもしれません。

ユリ・シュルヴィッツの中でも比較的古い作品だと思います。

挿絵の感じは、シュルヴィッツの『ぼくとくまさん』の線に似ているように思いました。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子9歳)

出版社おすすめ


ユリ・シュルヴィッツさんのその他の作品

ゆうぐれ / おとうさんのちず / ねむい ねむい おはなし / たからもの / ぼくとくまさん / ゆき

中村 妙子さんのその他の作品

岩波少年文庫 消えた王子 (上) / 岩波少年文庫 消えた王子 (下) / 聖夜のおくりもの / ポップアップ絵本 ナルニア国物語 / 絵本ナルニア国ものがたり2 カスピアン王子のつのぶえ / 岩波少年文庫 143 ぼく、デイヴィッド



『おやすみ、ロジャー 朗読CDブック』本屋さんインタビュー&体験レポート

二ばんめの魔女

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット