もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
プレゼントはたからもの 1
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

プレゼントはたからもの 1

作: 草谷 桂子
絵: 鈴木 まもる
出版社: 大月書店

本体価格: ¥1,600 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「プレゼントはたからもの 1」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

私のプレゼントとあの子のプレゼント

みはるは保育園のときの先生のうちに
赤ちゃんが生まれたのでお祝いに行くことにしました。
友達みんなそれぞれが考えたプレゼントを持ってきました。
ワッペン、絵本、おもちゃのお鍋、自分で作ったガラガラ、
どれも子どもらしくて赤ちゃんを思って選んだ
素敵なプレゼントでした。
なかでも、しょうたはクレヨンを持ってきて
「あかちゃんの絵を描く」というアイデアはなるほど!です。
さらに、先生と石蹴りしたときの思い出の小石、
草笛を持ってきたのはあいらちゃん。
あいらのスリランカのおじいちゃんに教えてもらった草笛でした。

みんなが揃って上田先生のうちに着きました。
赤ちゃんを抱いて迎えてくれたのは、男性でした。
そうですよね。保育園の先生は女性とは限りませんよね。

この絵本は男らしさ女らしさに縛られない
「ジェンダーフリー」を題材にしています。
それぞれが持ってきたプレゼントは
それぞれが大切に思っているもので、
先生はそれをちゃんと受け入れてくれました。
受け入れることで、子どもたちの個性は認められ
活きた個性となったのです。

テーマはありますが教育じみた内容ではないので深く考えず
普通の絵本と同じように幼児から読める絵本だと思います。
(事務員さん 30代・ママ 女の子6歳、女の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


草谷 桂子さんのその他の作品

おきゃくさんはいませんか? / ぼくはよわむし?

鈴木 まもるさんのその他の作品

鳥の巣つくろう / わたり鳥 / すすめ!うみのきゅうじょたい / ウミガメものがたり / だっこ / おはよう!しゅうしゅうしゃ



死んでおばけになったおじいちゃんの忘れものとは…?

プレゼントはたからもの 1

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット