なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
ピコピコピコさん 50代・その他の方

幼児におすすめ
5歳くらいの子におすすめだと思います。…
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
リーリーとシンシン
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

リーリーとシンシン

監修: 小宮 輝之
出版社: 小学館 小学館の特集ページがあります!

本体価格: ¥476 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「リーリーとシンシン」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2011年05月
ISBN: 9784778037253

125正方形/20頁

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

これでまるわかり! パンダのひみつ
1972年に来日したカンカンとランランの2頭から、2008年にリンリンが死ぬまで、35年以上も上野動物園の「顔」であり、いつの時でも人々の人気者だったジャイアントパンダ。そんなパンダがいなくなってから3年、再び上野にパンダがやってきました。オスのピーリーとメスのシィエンニュ(いずれも中国での名前)の2頭で、ともに5歳の若いパンダです。本書は、その2頭のパンダの写真絵本です。2頭が上野にきてから公開までのようすなどを写真で紹介します。また、前足の指のひみつや食事のメニュー、うんちや白と黒の体のひみつ、中国パンダセンターの紹介など、パンダの情報がいっぱいです。タイトルの「リーリーとシンシン」は公募で決まった二頭の日本名です。

ベストレビュー

可愛いので上野動物園に行く前にどうぞ

1972年のカンカンとランランの2頭から、2008年のリンリン、そして2011年のリーリーとシンシンまでの、上野動物園のジャイアントパンダの写真絵本。歴代のパンダの写真での顔も出ています。食事内容、うんち、中国パンダセンターの話など、情報が多いので、上野動物園に行く前に読むと知識として良いでしょう。写真絵本。これで500円は安いです。小さいので動物園に携帯するにも良いサイズ。
(えみりん12さん 30代・ママ 女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。

小宮 輝之さんのその他の作品

ドキドキ!危険生物大研究 / 自然のふしぎ大図解 / クイズでさがそう! 生きものたちのわすれもの3水辺 / クイズでさがそう! 生きものたちのわすれもの 2森 / クイズでさがそう! 生きものたちのわすれもの 1まち / どうぶつえんのあいうえお



『キッズペディア 世界の国ぐに』 <br>編集者・高成浩さんインタビュー

リーリーとシンシン

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット