バスていよいしょ バスていよいしょ
作: 重松 彌佐 絵: 西村 繁男  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
よいしょ、よいしょ・・・「そち何をしておる!」さて誰がやってきた?
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
きつね、きつね、きつねがとおる
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

きつね、きつね、きつねがとおる

作: 伊藤遊
絵: 岡本 順
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2011年04月
ISBN: 9784591124062

小学校低学年〜
23cm x 23cm 32ページ

出版社からの紹介

花嫁行列もお祭りも、背のびしてもぜんぜん見えない。大人はいいなあ。何でも見ることができて。でもね、子どもにしか見えないものもあるんだよ。それはね・・

ベストレビュー

子どもにしか見えないもの

児童書『つくも神』のコンビによる絵本。
伊藤遊さんの優しい目で表現する子どもともののけを、岡本順さんが親しみやすい雰囲気で包み込んでくれています。
大人が見ているものを一緒に見たくて、早く大きくなりたいと思うわたし。でも子どもにしか見えないものだってあるんだね‥。

“きつね火”は、僕が幼い頃、近くの町に伝わる言い伝えを集めた本の中にもありました。氏神様のお話しだったのでよく憶えています。
鳥居をくぐると背の高い松が連なる参道がつづき、お社はその奥の闇にかすんでしまうくらい、それはそれは長い松のトンネルでした。その松の天辺に、夜な夜なきつねが火を灯もす、というものでした。
その頃、辺りは道路の街灯で明るく、もののけが出そうな雰囲気ではなかったのですが、子どもながらに見えたら怖いな、でも見てみたいなと複雑な気持ちで、松の天辺を見上げたものです。
この話しを7歳の息子にすると、「うそでしょう?」と怖がって、僕にくっついて来て、まだまだ可愛いなと思いました。
もののけにとってはますます出ずらい環境になっていますが、昔も今も変わらない子どもたちが、もののけに会えるといいねと思ったお話しです。
(伴門陶汰さん 30代・パパ 男の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


伊藤遊さんのその他の作品

福音館文庫 えんの松原 / ポプラ文庫ピュアフル となりの蔵のつくも神 / 狛犬の佐助 / つくも神 / ユウキ / えんの松原

岡本 順さんのその他の作品

キダマッチ先生! (1)先生 かんじゃに のまれる / おれたちのトウモロコシ / カレー男がやってきた! / つきよの3びき / えんぴつ太郎のぼうけん / モーモー村のおくりもの



双子のももちゃんとはなちゃんがくりひろげる、たのしい世界!

きつね、きつね、きつねがとおる

みんなの声(15人)

絵本の評価(4.56

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット