くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
ピーターのてがみ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ピーターのてがみ

  • 絵本
作・絵: エズラ・ジャック・キーツ
訳: 木島 始
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1974年07月
ISBN: 9784033280806

対象年齢:3・4歳から

出版社からの紹介

ピーターは誕生会の招待状をはじめて女の子に書きました。が、風にとばされて…。少年の複雑な心理を見事に画面に描きます。

ベストレビュー

短い時間の流れの中で

 「ピーターのくちぶえ」や「ゆきのひ」は、もう随分と前に読みましたが、今回はそれらの2冊以上に反応がよく、読み終わったあとも、余韻に浸っているようでした。お手紙を書くのが大好きな娘・・・きっと何か心に強く感じるものがあったのでしょうね。

 ピーターがエイミーに書いた手紙を、風に飛ばされてしまい、ちょうどそのとき向こうから歩いてきたエイミーに、手紙を拾われそうになってしまいます。あわてるピーターと何も知らないエイミー。
 なんとかエイミーに見られずに済んだのですが、娘は、「エイミーがかわいそう」と言って、何度もそのページを見つめていました。「でも、きっとエイミーに(手紙の宛名を)見られちゃったと思うよ。だって、こっち向きで飛んできたもん。」と、前のページの絵に戻って、封筒の向きと、エイミーの表情を確かめていました。

 とても短い時間の流れの中で起こった小さな出来事なのですが、ピーターの心の動きが手に取るように伝わってきて、ドキドキします。最後はハッピーエンド。ピーターもエイミーも、それに、ピーターの犬のウィリーもエイミーのオウムも、みんなみんなとってもうれしそうです。
 娘は、エイミーのオウムが、「たんじょうーび おめーでとう、ピーイータアー」と、真似をするのを聞いて、「いいな、いいな〜、Jもオウム飼いたい!」と、うらやましがっていました。
(ガーリャさん 40代・ママ 女の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • おかっぱちゃん
    おかっぱちゃん
     出版社:あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!
    NHK Eテレでアニメーション番組にもなった「おかっぱちゃん」が 新しいオリジナルストーリーをたずさ

エズラ・ジャック・キーツさんのその他の作品

きみも こねこなの? / ルイのうちゅうりょこう / ぼくのいぬがまいごです! / E.J.キーツの俳句絵本 春の日や庭に雀の砂あひて / ゆめ / ルイのひこうき

木島 始さんのその他の作品

うらしまたろう /  / 福音館文庫 ライグマ博士と仲間たち【全3話】 / ゆきむすめ / うりこひめとあまんじゃく / かわいいめんどり



トビラの先に広がる奇妙な世界『ヒミツのトビラ』長田真作さんインタビュー

ピーターのてがみ

みんなの声(28人)

絵本の評価(4.72

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット