だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。
大好きな絵本の可愛いあの子!【絵本キャラクターぬいぐるみ大集合】
園芸少年
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

園芸少年

  • 児童書
作: 魚住直子
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2009年08月
ISBN: 9784062156646

ページ数:158

出版社からの紹介

「なにしろ、おれら園芸部だからな」
高校生活をそつなく過ごそうとする、篠崎。
態度ばかりでかい、大和田。
段ボール箱をかぶって登校する、庄司。
空に凛と芽を伸ばす植物の生長と不器用な少年たちの姿が重なり合う、高1男子・春から秋の物語。

ベストレビュー

主人公は高校1年生

植物を育てることと子育ては共通しているように言われることがあります。

手をかけなければ育たないし、手をかけ過ぎれば成長を損なうこと。

ひょんなことから、園芸部に入ることになった高校一年の篠崎、大和田、庄司。

この中では篠崎が普通の少年ですが、大和田は元不良少年。

庄司は教室に入ることができず相談室へ登校し顔を見られたくないために箱をかぶっています。

元々園芸に興味があったわけではない三人が、特に友情を育もうとしたわけでもなく、園芸を通じて関係を築いていきます。

関係は、ゆるーく相手の嫌がることにはあえて踏み込まないのが、今時の高校生なのかなと思いつつ、

それぞれに不器用な少年たちが悩みながらも成長していく姿が描かれていて、見方によってはぬるま湯的なのかもしれませんが、読んでいてある種の心地よさが感じられました。

私の興味は庄司がこのまま箱をかぶった少年として生きていくのかということでした。

大和田の単純な素直さにところどころクスッとしました。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


魚住直子さんのその他の作品

いろはの あした / クマのあたりまえ / 大盛りワックス虫ボトル / Two Trains とぅーとれいんず / ハッピーファミリー / 海そうシャンプー



ハッピーなおやすみのえほん!

園芸少年

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.6




全ページためしよみ
年齢別絵本セット