だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
金鉱町のルーシー
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

金鉱町のルーシー

作・絵: カレン・クシュマン
訳: 柳井 薫
出版社: あすなろ書房 あすなろ書房の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,400 +税

「金鉱町のルーシー」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2000年06月
ISBN: 9784751518120

中学生〜一般
256頁

出版社からの紹介

ニューベリー賞受賞作『アリスの見習い物語』に続くクシュマンの最新作。ゴールドラッシュにわく金鉱町にやってきた少女の物語。

ベストレビュー

主人公は12歳

母と金鉱町にやって来た12歳のルーシー。

今の生活が気に入りませんが、ルーシーはパイ売りを始め、母は下宿屋をしています。

前に住んでいた場所に帰りたくて資金をためるためにパイ売りを始めるルーシーたくまさしを感じます。

新しい生活に馴染めない中、ルーシーが楽しみを見いだしているのが読書というのが、何だかわかる気がしました。

一攫千金を夢見る荒くれ男たちの中で生活するのは容易なことではないでしょうし、今とは生活も異なりますし衛生環境もよいとはいえません。

そんな中でもルーシーが常に自分にできることを開拓していく姿に好感が持てました。

結末もルーシーならではの展開でなるほどと思えました。

YAジャンルの作品だと思います。カレン・クシュマンには『ロジーナの明日』『アリスの見習い物語』があります。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子9歳)

出版社おすすめ


カレン・クシュマンさんのその他の作品

ロジーナのあした / アリスの見習い物語

柳井 薫さんのその他の作品

本だらけの家でくらしたら



世界21カ国で大ヒットの絵探し本、第4弾

金鉱町のルーシー

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット