ばけばけばけばけ ばけたくん  ばけくらべの巻 ばけばけばけばけ ばけたくん ばけくらべの巻 ばけばけばけばけ ばけたくん  ばけくらべの巻の試し読みができます!
作: 岩田 明子  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
(予告)ばけたくんの限定スタンプ、プレゼントやります!
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
あのね
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

あのね

作: 朝日新聞出版
出版社: 朝日新聞出版

本体価格: ¥460 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「あのね」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

子どものつぶやきにほっこりしました。

ネットで本の検索をしていた時、気になったので図書館で探してきました。

朝日新聞を購読されている方はすでにご承知かと思いますが、
朝日新聞生活面のコラム「あのね」に掲載された子どもたちのつぶやきを1冊の本にしたものです。
幼児から小学生くらいまでの子どもたちの、日常生活の中でポロって出てきた鋭くも可愛らしいつぶやきに、癒されたり、おなかを抱えて笑ったりしました。

ただ黙読すると、可愛いなぁ。程度の気持ちにしかなりませんでしたが、側にいたうちの子たちに「つぶやき」を音読すると、ケラケラ笑ってくれました。

中でも子どもと私のお薦めの「つぶやき」を2つほど抜粋しますね。
《しかりながら母が、
 「お母さんに、何か言うことあるでしょっ!」
 「……あそぼ」
 ごめんなさいと言ってほしかった。(2歳の男の子)》
《食卓に飛んできたハエを父が片手で捕まえた。
 姉「早く虫かご持ってきて」
 弟も「虫眼鏡と図鑑も」(6歳の女の子)》

時に、母の顔のしわを気遣うつぶやきや、大人の年に関係するつぶやきが、チクッと胸に刺さることはありますが、
ここに掲載されているどれもが、小さなお子さんたちの純粋な気持ちの表れで、素直に楽しめます。
1ページに1つづつ紹介されていて、そのどれもが3行詩程度の長さなので、気楽に読めます。
ぜひ、ご家族で読んでみてください!!
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子15歳、女の子11歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


朝日新聞出版さんのその他の作品

ママ、あのね。



いのちはどこへ行く?チェコの美しい風景を旅する葉っぱの物語

あのね

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット