虫・むし・オンステージ! 虫・むし・オンステージ!
写真・文: 森上信夫  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
いよいよ夏、真っ盛り。虫たちのアツいステージを見逃すな!!!
タケえさん 30代・ママ

虫が鮮明に!
虫の拡大写真です。 私も息子も虫が大…
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
のんちゃん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

のんちゃん

作・絵: ただの ゆみこ
出版社: 小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,262 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「のんちゃん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1996年
ISBN: 9784338069236

小学校低学年〜中学年

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

ダウン症という障害をもったのんちゃんが,普通学校にかよって,りょうくんをはじめ,クラスのみんなと友だちになっていくお話。

ベストレビュー

のんちゃんにもらったあたたかさ

表紙に描かれたのんちゃんの満面の笑みにひかれたのでしょう、娘が選んできました。ただのゆみこさんのダウン症のお子さんを主人公にした絵本です。

地域の小学校に通ってい、3年生になったところまでの様子が、「ぼく」というクラスメートの目を通して綴られています。のんちゃんの第一印象、のんちゃんに対する児童の様子、のんちゃんのすてきな所、ちょっと困った所、のんちゃんの手助けをしてあげたこと、のんちゃんに助けてもらったこと・・・のんちゃんに初めて名前を呼んでもらって、どんなに嬉しかったか。

のんちゃんは自然にクラスの中、そして学校の中にとけ込んで行ったようです。本に書いてあるよりも、大変だったのではないかとも思いますが、大変だったとしても、それも、のんちゃんと子供と大人が成長できるいい機会だったのでしょうね。

こんな暖かい、こころ穏やかな雰囲気が我が子に学校にもあるかしら?ないなあ。と、ちょっと残念に思います。この暖かさはきっと神様とのんちゃんがプレゼントしてくれたのですね。でも、この本を読んだら私も娘も暖かい気持ちになれました。のんちゃんありがとう。今も元気で幸せにしていますか?
(えっこさん 40代・ママ 男の子11歳、女の子8歳、女の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ただの ゆみこさんのその他の作品

金魚のひなこさん / 耳の中のアブ



パパぺんぎんはいつもたまごといっしょ!のはずが…?

のんちゃん

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット