しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
ジャッキー×「木のおもちゃ」が可愛い!!|くまのがっこう木製プルトレイン
幸せを待ちながら
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

幸せを待ちながら

作・絵: ミリヤム・プレスラー
訳: 松沢あさか
出版社: さ・え・ら書房

本体価格: ¥1,262 +税

「幸せを待ちながら」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1995年04月
ISBN: 9784378007427

208ページ

出版社からの紹介

戦争の傷あとが残る40年前のドイツ。虐待する母の元を離れ,児童保護施設でくらす少女ハリンカの,ひたむきに生きる姿をえがく。

ベストレビュー

児童ホームで暮らす少女

時代は1952年。ハリンカは12歳で児童ホームで暮らしています。

母親からは虐待を受け、母親代わりのルーおばさんに会うのを楽しみにしています。

仲の良い友だちもなく児童ホームで暮らすハリンカ。おばさんに会うための旅費のために、募金の一部は盗むのがとても切なく感じました。

YA作品を読むようになって気付いたのは、さえら書房の作品が多いこと、社会派の児童書を積極的に出されている出版社ですね。

夫もこの作品を読んだのですが、募金からお金を盗むハリンカが悪い子なのかどうか?ということ。私としてもこの状況下に置かれていたら、
どのように自分の気持ちを保っていくのかはわからないところです。

池波正太郎の小説の中に「人は良いことをしながらも悪いことをする」というような言葉があったように記憶しています。

その行為そのものは悪いことなのですが、その一部の行為だけで安易に悪い子と判断ができない話でした。

前半はとても辛い話のようで救いがないように感じたのですが、結末が暗いままで終わらなかったのでほっとしました。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。

ミリヤム・プレスラーさんのその他の作品

マルカの長い旅 / もっと!そばかすイェシ / そばかすイェシ / ビターチョコレート

松沢あさかさんのその他の作品

ぼくたちとワッフルハ−ト / 黄色いハートをつけたイヌ / 福音館文庫 ウルフ・サーガ 下 / 福音館文庫 ウルフ・サーガ 上 / 空白の日記 下 / 空白の日記 上



世界21カ国で大ヒットの絵探し本、第4弾

幸せを待ちながら

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット