十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。
【1歳のあの子へ】声に出してみたり、真似してみたり。親子で一緒に楽しみましょう。「1歳向け絵本セット」
あたまをなくしたおとこ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

あたまをなくしたおとこ

  • 絵本
作: クレール・H・ビショップ
絵: ロバート・マックロスキー
訳: もりうちすみこ
出版社: 瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2011年04月
ISBN: 9784916016928

B5変


バナーをクリックすると瑞雲舎のおすすめ絵本がご覧いただけます

出版社からの紹介

ある日、男が目覚めると頭がなくなっていた!!
奇想天外なストーリーとあっとおどろく結末。 マックロスキーの描く挿絵の美しさにも注目です。

あたまをなくしたおとこ

ベストレビュー

破天荒な発想と謎解きのような展開

久々に家族そろって☆五つ。
目が覚めたら頭がなかったという飛びぬけた始まり。
自分の顔を探しに行くために、カボチャやらニンジンやらを仮の顔に仕立てると、「頭がきれる」とか「頭をいためる」とか気になることを村人に言われてしまう。
気がついたらビショップのマジックにかかってしまいます。
話がだんだん変わっていくのに、流れに飲み込まれています。
お祭りで出会った少年とともに、最後は男の顔の謎解きのような展開。
この男の顔っていったいどんな顔だったんだろう?
話のオチですべてが解るのですが、これから読む人のためにこの部分は省略。
ついていけた息子と、マジックにかかってしまった奥さんと、二人が話に集中してくれて、自分もかなり満足。

マックロスキーの絵が冴えわたっています。
(ヒラP21さん 50代・パパ 男の子14歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ロバート・マックロスキーさんのその他の作品

ジョニーのかたやきパン / 岩波少年文庫 ゆかいなホーマーくん / ハーモニカのめいじん レンティル / 沖釣り漁師のバート・ダウじいさん / サリーのこけももつみ / すばらしいとき

もりうち すみこさんのその他の作品

呪われた図書館 / クジラに救われた村 / リトル・パパ / ヘレン・ケラーのかぎりない夢 見る・聞く・話す・読む・書く・学ぶ夢に挑戦した生涯 / 名探偵犬バディ(5) 青い舌の怪獣をさがせ! / ゾウがとおる村



絵本に登場した「クスノキ」に会いに行ってきました!

あたまをなくしたおとこ

みんなの声(15人)

絵本の評価(4.25

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット