なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
しろりりんさん 50代・その他の方

幼児におすすめ
5歳くらいの子におすすめだと思います。…
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…12の特典が使える 【プレミアムサービス】
いぬのマーサがさんぽにいったら
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

いぬのマーサがさんぽにいったら

  • 絵本
作・絵: スーザン・メドー
訳: ひがし はるみ
出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

「いぬのマーサがさんぽにいったら」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1999年
ISBN: 9784577020302

対象年齢: 幼児から

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

マーサが散歩に行くといつもほえてばかりのこわーい犬がいました。なぜそんなにほえるのか、マーサが探ってみると…。

ベストレビュー

ことばの持つ力

あいうえおマカロニスープを食べてからしゃべれるようになったマーサのお話です。今回はマーサが散歩の途中でいつも会っているボブという犬のエピソードです。

飼い主に「だめいぬ」といわれ続けているボブはだれから見てもだめいぬだったのだけど、「おりこうさん」の一言で表情が変わり、飼い主も見違えるほどの「いいこ」になってしまいます。そして、ボブのことを「いいこだ」と言っている飼い主の顔も怒鳴っている時とは違って見違えるほど優しい顔。

マーサのシリーズは書評を読んで、大爆笑なのかと思って手に取ったのですが、この作品は違っていました。面白いけれど、大人にとってはドキリとさせられる内容です。子供のことを怒りたくなったら、がまんがまん、怒っている自分の顔を想像してがまんしよう。とげのある言葉はやめて、優しく暖かい言葉をかけられるようにしよう。いやいや、いっそのこと、この本をリビングの一番目立つ所においておこう。そんな気持ちにさせる1冊でした。
(えっこさん 40代・ママ 男の子11歳、女の子8歳、女の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


スーザン・メドーさんのその他の作品

ルルと魔法のぼうし / いぬのマーサとスープのひみつ  / まじょのスーパーマーケット / いぬのマーサがでんわをしたら / いぬのマーサがしゃべったら / こまった鳥の木

ひがし はるみさんのその他の作品

キャプテンうみへいく / あと10ぷんでねるじかん / アーミテージさんのすてきなじてんしゃ / おいてきぼりのジョー / バックルさんとめいけんグロリア / 100ぴきのあり おなかぺこぺこ



『藤城清治 影絵の絵本 グリム』<br>藤城清治さんインタビュー

いぬのマーサがさんぽにいったら

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット