もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
色彩に心奪われる、レオ・レオニの「絵本とマグカップ」のセット。贈り物にどうぞ。
地をはう風のように
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

地をはう風のように

  • 児童書
作: 高橋秀雄
絵: 森英二郎
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2011年04月25日
ISBN: 9784834026450

ページ数: 208
サイズ: 20X14cm

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

貧しい家、出稼ぎで不在の母、幼い弟、疫病神のような祖母、つまらない学校生活・・・…。いつも何かにいらだっていたコウゾウだが、支えてくれる人たちの思いやりが、その心を少しずつ解きほぐしていく。思春期の少年の成長が、温かみあるタッチで描かれた物語。

地をはう風のように

ベストレビュー

読み応えのある物語

このたび中学生への課題図書に選定された児童文学です
早速図書館にて借りてきました
作者のふるさと、舞台は栃木の田舎、そこで暮らすコウゾウの話す方言と境遇が、まさに地をはう風のごとく、物悲しくもあり、強くたくましくもあり、読んでいてぐいぐいと引っ張る文章の力強さを感じます
生きていくために子供ながら必死で頭を働かせ、体を動かしていく・・・
今では到底想像できないであろうほどの戦後間もない日本の田舎の生活は、目の前で繰り広げられているように鮮明に脳裏に浮かんでくる

いじめられ蔑まれても決して屈しないパワーはいったいどこから湧き出てくるのか
人間の本当の強さは突き落とされて初めて開花するような、すがすがしさを読み終えて感じる
実に読み応えのある物語であった
中学生以上大人にもお勧めしたい
(風の秋桜さん 40代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


高橋秀雄さんのその他の作品

釣りに行こう! / 空にさく戦争の花火 / わたしたちうんこ友だち? / ひみつのゆびきりげんまん / やぶ坂からの出発 / やぶ坂に吹く風

森英二郎さんのその他の作品

和紙の絵本



「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

地をはう風のように

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67




全ページためしよみ
年齢別絵本セット