すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた
りおらんらんさん 30代・ママ

買ってよかったです
100かいだてシリーズ。子供たちが大好…
福よ、コイコイ♪幸せがいっぱい訪れそうな「絵本おふくさん」の複製原画、できました♪
とむらう女
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

とむらう女

作・絵: ロレッタ・エルスワース
訳: 代田亜香子
出版社: 作品社

本体価格: ¥1,600 +税

「とむらう女」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

とむらい師

イーヴィが11歳の時に、パパの姉のフローおばさんが一緒に住むようになりました。

母が亡くなったことをまだ受け入れられないイーヴィ。フローおばさんが誰かが亡くなった時の遺体をきれいにして納棺するという仕事をしていました。

日本で言うところの納棺師の仕事を1800年代後半にはあったようです。

イーヴィは、おとむらい師というおばさんの職業も受け入れがたく、おばが母のやり方を変えてしまうことにも危機感を持っていたのでした。

生活や自然の様子は、あとがきにも書かれていますが『大草原の小さな家』に通じる手作りの世界を感じます。

家族の誰かが亡くなった時に、それを客観的な気持ちで処理してくれる人は当時も重宝がられたことでしょう。

そうでなくても、家族の誰かが亡くなれば気持ちが沈んだり興奮したりで何も手につかないことだと思いますので。

「天から与えられた人だけのもの」とおばさんが仕事に対して誇りを持っているように誰にでもできるというものではない仕事だと思いました。

イーヴィの心の動きと成長と、おばさんとの関わりが静かに描かれている作品です。

主人公は11歳ですが、YAジャンルの作品です。YAジャンルの本は意外にも大人が多いと聞きますが、大人でも十分楽しめます。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ロレッタ・エルスワースさんのその他の作品

ハ−トビ−トに耳をかたむけて

代田 亜香子さんのその他の作品

世界名作シリーズ ピーターパン / 小学館ジュニア文庫 世界名作シリーズ あしながおじさん / ペンダーウィックの四姉妹3 海べの音楽 / ロレンス ショートセレクション二番がいちばん / ペンダーウィックの四姉妹(2) ささやかな奇跡 / コービーの海



『たぬきがのったら へんしんでんしゃ』 <br>田中友佳子さんインタビュー

とむらう女

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

ママの声 1人

ママの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット