貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
おばけときょうりゅうのたまご
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おばけときょうりゅうのたまご

  • 絵本
作・絵: ジャック・デュケノワ
訳: おおさわ あきら
出版社: ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,100 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2011年05月20日
ISBN: 9784593505265

2・3歳から
180×180mm・25ページ

課題図書すばこ

出版社からの紹介

おばけのパコームがおしろのちかのトンネルであったのは、むかしむかしのご先祖さま。
トンネルのそとにでてみると、そこには大きなたまごがあって……! 
キラキラの箔がついて、プレゼントにもぴったりの絵本です。

ベストレビュー

昔の世界へ

古いお城の地下室に降りて行ったおばけのパコームが
見つけたのは大昔の壁画です。
その壁画とおりの、遠い昔のご先祖様がいた!
タイムスリップしちゃったみたいですね。
森にはおなじみの恐竜が。
卵割っちゃっていいのかな?と思いましたが
どの恐竜も、未熟児ではなく 元気そうで気だてもよくて(笑)
シーラカンスにもあいました。
パコームが書いた壁画も残りましたね。
今度行くときは残っているんでしょうね。
(ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ジャック・デュケノワさんのその他の作品

おばけ、がっこうへいく / おばけのゆきだるま / おばけのゆかいなふなたび / おばけのたいそう / おばけのうちゅうりょこう / きりんのカミーユ カミーユとすてきなうみのおくりもの

おおさわ あきらさんのその他の作品

ミルトンびょういんへ / ミルトンのクリスマス / ミルトン / ミルトンとカラス



「きむらゆういち先生ミニトーク付おはなし会イベント」レポート

おばけときょうりゅうのたまご

みんなの声(10人)

絵本の評価(3.91

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット