みなみへ みなみへ
作: ダニエル・ダンカン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
海のうえで出会った“あいぼう”。それぞれが帰る場所は……? 一人ぼっちの漁師さんと1羽のトリのお話。
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
このおっぱいだあれ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

このおっぱいだあれ

  • 絵本
作・絵: 塚本 やすし
出版社: サンマーク出版

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「このおっぱいだあれ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2011年05月
ISBN: 9784763131355

B5変型判上製
本文32ページ

出版社からの紹介

きりんやくじら、ごりらにねこ……いろんな動物たちのおっぱいが大集合!ゆかいで楽しい読み聞かせ絵本。

きりんやくじら、ごりらにねこ……いろんな動物たちのおっぱいが大集合! 
子どもといっしょに「おっぱいあてごっこ」で盛り上がる、ゆかいで楽しい読み聞かせ絵本ができました。
いきいきとしたあざやかな絵に、しゃれや擬音語がいっぱい。ことば遊びを楽しんだり、
それぞれの動物の生態を感じたりできます。みんなが大好きな「おっぱいの世界」へ、ようこそ!


●著者の言葉
ぼくも、みんなも、ままのおっぱいで大きくなりました。おっぱいは偉大です。おっぱいはみんな大好きです。
そんなおっぱいの大きな愛を感じてもらいたくて、この絵本を描きました。
ままも、ぱぱも、おんなのこも、おとこのこも、ぜひみんなで、楽しんでいただければと心から思っています。 塚本やすし


●担当編集者よりひと言
著者の塚本さんから、この絵本の原画を見せていただいたときのこと。
その絵を見て、「ハッ!」と驚いたことを覚えています。迫力のある動物たち!
躍動感があって、かわいくて、見ているだけでギュッと心がつかまれました。
元気があって、とにかく楽しいこの絵本は、社内のママ&パパ社員にも大人気。
塚本さんは、読み聞かせ会を何度も行っており、読み聞かせが上手なのですが、
そんな塚本さん自身のご経験もこの絵本に詰まっているように思います。
ぜひ親子で楽しんでみてください。プレゼントにも最適ですよ〜!

ベストレビュー

あれ??

お母さんのおっぱいと赤ちゃんのうしろ姿が描かれた表紙。
娘は、なんかちょっぴり照れくさそうにしてましたが、中を見て「あれ??」。

だってそこには、普段あまり意識することのない、動物たちのおっぱいがあったのです。
しかも「もぉーもぉー」の鳴き声のおっぱいの主が、ウシじゃない!?
それには、娘ブーイング(笑)

大胆な絵と、見慣れないおっぱいの数々。
こども達の視線釘づけの一冊です!
(しゅうくりぃむさん 40代・ママ 女の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。

塚本 やすしさんのその他の作品

もうじゅうはらへりくま / きょう おひさまがでなかったら / 42本のローソク / がんばるぞう / とうめいにんげんのしょくじ / 戦争と平和を見つめる絵本 わたしの「やめて」



鉄道キッズ集まれ!JR私鉄全路線地図は地理や漢字の勉強にも

このおっぱいだあれ

みんなの声(3人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット