だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。
【アドベントカレンダーあります】クリスマスまでの毎日を、ワクワク楽しみましょう♪
わすれんぼうにかんぱい!
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

わすれんぼうにかんぱい!

  • 児童書
作: 宮川 ひろ
絵: 小泉 るみ子
出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,100 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2011年05月
ISBN: 9784494019533

小学校低学年から
判型/サイズ:A5判/21.5×15.3cm 頁数:96頁

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

お母さんが病気で長く入院することになって、まゆみは、おばさんの家でくらすことになりました。おみまいにも行けないさびしい思いのまゆみに、転校した先の新しい先生は、「わすれんぼうになろう」というのです。クラスの友だちのわすれんぼう、校長先生のわすれんぼう、みんなのわすれんぼうに出会って、まゆみもだんだんわすれんぼうになることができました。いつも子どもたちをあたたかい目線で描く宮川ひろの「かんぱい!」シリーズの第4弾。

わすれんぼうにかんぱい!

ベストレビュー

わすれてもいいこと

なんてあったかい話なんだろうって思いました!
お母さんが入院し、しばらく伯母さんの家で暮らすことになった まゆみちゃん。
家を離れるだけでも不安なのに、転校までするんです。
まゆみちゃんは、まだ3年生。表情には出さなくても、どんなに心細いことだろうって思いました。
そんなまゆみちゃんに、新しい担任の先生がかけてくれた言葉は、「わすれんぼうになろうな」。

受け止めきれないくらい悲しいとき、辛いとき、不安なとき、そのことをわすれることができたら、すごく楽になれますよね。
そうは言っても、本当にわすれることなんてできないのだけれど、この『わすれんぼう』という言葉と、みんなの『わすれんぼう』の話は、まゆみちゃんの気持ちをほんの少し『わすれんぼう』にしてくれました。
辛いとき、本当に支えになるのは、こういう周りの温かさなんですよね。

それにしても、『わすれんぼうになろう』なんて言葉、なかなか出てきませんよね〜。
何をしてあげられる訳じゃないけれど、精一杯の温かさと優しさが伝わってきました。
またひとつ、人を思いやる気持ちを学んだお話でした。
(しゅうくりぃむさん 40代・ママ 女の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。

宮川 ひろさんのその他の作品

なきむしにかんぱい! / あまのじゃくにかんぱい! / ないしょにかんぱい! / ひいきに かんぱい! / 0てんにかんぱい! / けんかにかんぱい!

小泉 るみ子さんのその他の作品

みてろよ!父ちゃん!! / まぼろし写真館 / 森の本やさん / むらさき色の滝 / 七夕の月 / 海のむこう



葉祥明さんの描く不朽の名作

わすれんぼうにかんぱい!

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット