十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…12の特典が使える 【プレミアムサービス】
しろもくろも、みんなおいで
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

しろもくろも、みんなおいで

  • 絵本
作・絵: あべ 弘士
出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2011年05月
ISBN: 9784494007530

小学1・2年〜
B5変型判/24.1×21.6cm 32頁

この作品が含まれるテーマ

みどころ

「しろいクマです。くろいクマです。」「しろいイルカです。くろいイルカです。」
同じ種類の動物でも白いのと黒いのでは全然印象が違うなぁ・・・
なんて、ぼやぼやっと見ていたら、白い鳥と黒い鳥が急に沢山登場して、
コクチョウとかコクガンとか、ダイサギとかクロサギとか。まんまと一気に心を掴まれてしまい。
うわぁ、図鑑を開きたい!という衝動を抑えながらページを進めていくと、今度はパンダ。
白と黒が一緒になっている。他にもバクとか、ワシとか・・・。
これでは紹介にはなりませんね。要するにとても面白いのです!
動物にあたたかな眼差しを送り続ける画家あべ弘士さんが、
「しろとくろ」という切り口から動物を見つめる絵本を創りたいと、何年も練りこんでこられた意欲作なのだそう。
私たちは、もうその世界に身をゆだねればいいだけなのです。
絵本を読んで興奮してしまいました。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

しろもくろも、みんなおいで

出版社からの紹介

白い色と黒い色の動物がたくさんいるよ。陸にも空にも海にも、獣や鳥も昆虫も。季節や、成長で色が変わるのもいるし、白黒が混じったのもいろんな種類がいておもしろいね! 動物の不思議や魅力がいっぱい!! 旭山動物園飼育係として長年動物とつきあってきた画家・絵本作家あべ弘士先生の生命力にあふれる絵と、リズミカルな言葉で織りなす絵本。地球上に息づく数多くの生き物への愛情あふれるまなざしが暖かく伝わります。

ベストレビュー

コンビニに置いてある商品、

男性の手に取って貰いやすくするには、パッケージのデザインに黒を使うといいんですって。色の持つ力って大きいって事ですよね。飼育係をされていた作者さんならではの視点の絵本、虫も動物もちゃあんと描かれています。
(梅木水晶さん 30代・ママ 女の子3歳、男の子1歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • クララ
    クララ
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    今からおよそ300年前、ヨーロッパを旅したサイのはなし。実話をもとに描かれた感動の一冊。
  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。

あべ 弘士さんのその他の作品

おおきくなあれ / わにのスワニー / あべ弘士の生きものがたり カワセミとヒバリとヨタカ / どうぶつえんはおおさわぎ / 宮沢賢治「旭川。」より / ぷんぷんヒグマ



山岡ひかるさんの「食べ物絵本」シリーズ 歴代編集者さんに話を聞きました

しろもくろも、みんなおいで

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.56

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット