あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
あんじゅじゅさん 40代・その他の方

確かに、あくたれ
「あくたれ」というなんだかパンチのある…
【絵本ナビ限定商品】ねないこだれだ おばけフェイスタオル
馬ぬすびと
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

馬ぬすびと

作: 平塚武二
絵: 太田 大八
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1982年09月
ISBN: 9784834001358

自分で読むなら・ 小学中学年から
ページ数: 64 サイズ: 22X20cm

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

建久3年、九郎次は由比ガ浜で打ち首になった。時の強大な権力に抗して馬ぬすびととなり、壮烈な一生を終えた男の物語。作者の代表的な創作歴史文学。

ベストレビュー

骨太の男の生き方

鎌倉時代、鎌倉の由比ガ浜で打ち首になった馬盗人があった。
古文書に記された物語として描かれた創作昔話。
その当時、貧困の暮らしの中で野馬の自由奔放さに魅せられた男が、岩手県の岩手山のふもとで馬追いに逃げ場を失った馬を逃がすところから、馬盗人としてとらえられるまでの波乱を描いています。
男の名は九郎次、男が魅せられた馬に名づけた名は九郎。
表紙の題字から骨太な物語になっています。
馬のために、権力に立ち向かおうとした男は、同じ馬盗人の義賊の箱根丸と知り合い、同じく悪党の馬盗人の福島の太郎の起こした騒乱に巻き込まれ、時代の中で翻弄されていきます。
箱根丸の妹のふきとともに権力に立ち向かった九郎次、時代劇の中にいろいろなドラマが描かれ、読後もとても重厚な思いを感じられました。
たまには、こんなハードタイプのお話もよいかも。
(ヒラP21さん 50代・パパ 男の子14歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


平塚武二さんのその他の作品

更級日記  / 絵本玉虫厨子の物語

太田 大八さんのその他の作品

くもの巣とり / 全集 古田足日子どもの本 限定復刻(9) 古田足日子どもの本 / くらす 五感のえほん5 / どうぶつたちのおかいもの / 福音館文庫 えんの松原 / 笠地蔵



『大きなクスノキ』 みそのたかしさん さとうそのこさん インタビュー

馬ぬすびと

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット