ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…12の特典が使える 【プレミアムサービス】
ぶるどっぐとぼく
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ぶるどっぐとぼく

作・絵: 梶山 俊夫
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥362 +税

「ぶるどっぐとぼく」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2004年07月

対象年齢 4才から5才向き

出版社からの紹介

犬の苦手な男の子がお父さんに「犬に会っても大丈夫になるおまじない」を教えてもらっていろんな犬に会うお話。犬に会うたびに怖いのを我慢しておまじないを唱えると、大きな犬、やせっぽちの犬、小さな犬、ブルドッグ、どの犬も知らん顔。無事通り過ぎることができます。おまけに、ひょんなことから怖いブルドッグと仲良しに。作者の体験をもとに日常の何気ないひとこまを切り取ったちょっとおかしな絵本です。

ベストレビュー

いぬ、い、ね、うし、とらで、グーを作る。

題名はちょっとインパクトにかけるけど、、子供心をよくついた素敵な作品でした。
イヌが大の苦手の「ぼく」が、お父さんに頼まれてお父さんの仕事場(庭師らしくて、毎回仕事場が変わる)へ、おやつを届けに行こうとすると、あっちにも、こっちにも、怖そうなイヌがいます。その度にドキドキしてしまう「ぼく」。
そんな「ぼく」に、お父さんはイヌが動けなくなるおまじないを教えてくれます。
親指をイヌに例えて、「いぬ、い、ね、うし、とらと、唱えて、グーを作る」おまじないでした。
「ぼく」は早速イヌに会う度に、そのおまじないをするようになります。
イヌが動かなくても、やっぱり怖い「ぼく」。
中でも、よく会う散歩中のブルドックは、大の苦手でした。
でも、最終的にはそのブルドックとも、仲良くなれたというお話です。
お父さんが教えてくれたおまじないの方法が良かった。
このおまじないが題名だと、もっと絵本のイメージがハッキリと伝わってきたのに、そこのところがちょっと残念です。



(てんぐざるさん 30代・ママ 女の子9歳、女の子4歳)

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。

梶山 俊夫さんのその他の作品

こどものとも 日本の昔話 おんちょろちょろ / さるとびっき / きつねとかわうそ / こどものとも 日本の昔話 天のかみさま金んつなください / 全集 古田足日子どもの本 限定復刻(11) 古田足日子どもの本 / かぜのおまつり



きらいがいっぱい、きらいって楽しい!

ぶるどっぐとぼく

みんなの声(7人)

絵本の評価(3.63

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット