となりのせきのますだくん となりのせきのますだくん
作・絵: 武田 美穂  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
わたし、きょう、学校へいけない気がする。だって・・・。となりの席のますだくんが怖くてしかたないみほちゃん。すべての子どもが共感できる作品です。
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
エイミ−とルイス
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

エイミ−とルイス

  • 絵本
作: リビー・グリーソン
絵: フレヤ・ブラックウッド
出版社: 岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2011年05月10日
ISBN: 9784265068258

出版社からの紹介

エイミーとルイスはいつも一緒。ママに教えてもらった、特別な言葉でお互いを呼び合う。けれど、エイミーは遠くに引っ越すことに…。友だちを思う気持ちがあふれる物語。オーストラリア児童図書賞2007年受賞作。

エイミ−とルイス

ベストレビュー

やってみるしかないわね

丁寧に描かれたやさしいタッチの挿絵に惹かれて手に取りました。
引っ越しによって離ればなれになってしまったエイミーとルイス。ふたりの寂しさや切なさが画面からひしひしと伝わってきます。
大きな声で呼んだらエイミーに届くかなと聞くルイスに、パパやママは首を振ります。でも「やってみるしかないわね」と言ってくれたおばあちゃんは素敵でした。
角田光代さんの訳は、違和感なく心に響いて、さすがだなと思いました。
(クッチーナママさん 30代・ママ 女の子9歳、女の子6歳、男の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • はるがきた
    はるがきた
    作・絵:ロイス・レンスキー 訳:さくま ゆみこ 出版社:あすなろ書房 あすなろ書房の特集ページがあります!
    おひさま ぽかぽかかぜは さわやか
  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。

リビー・グリーソンさんのその他の作品

みて、ほんだよ!

フレヤ・ブラックウッドさんのその他の作品

この本をかくして / あかいかばんのひみつ / おかあさんの顔 / だいすきだっこ / モーディとくま / ねずみのへやもありません



『タヌタヌ探偵〜水玉シーツ事件〜』<br>アートユニット”uwabami”インタビュー

エイミ−とルイス

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.33

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット