すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた
りおらんらんさん 30代・ママ

買ってよかったです
100かいだてシリーズ。子供たちが大好…
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
カマキリくん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

カマキリくん

  • 絵本
作: タダ サトシ
出版社: こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

「カマキリくん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2002年
ISBN: 9784772101639

4歳から

関連するスペシャルコンテンツ


タダサトシさんにインタビューしました!

出版社からの紹介

虫取りに行ったのに、バッタもトンボにも逃げられたこんちゃん。「カマキリくんなら、友だちになれるかな?」と、野原でじっと見つめていると、カマキリくんはそっと近寄ってきたのでした。こんちゃんは、家に連れ帰ったカマキリくんに、紙工作で友だちのカマキリを作ってあげて、一緒に楽しく遊びますが・・・。

ベストレビュー

虫との遊び方

昆虫に興味が出てきた息子へ読みました。
タダサトシさんの絵本はとにかくデッサンがすばらしい。
デフォルメされてるのに、きっちり描いてあります。

カマキリくんと遊びたいこんちゃん。
家に連れて帰って遊んでいるうち、カマキリくん、ぐったり(笑)
元気がないからバッタたちの虫かごへ入れてあげて眠ることに。

翌朝、カマキリくんは元気でしたが、他の昆虫の姿が・・・
「こんなひどいことをするなんて」とこんちゃんは泣きます。

でも、こんちゃんは気づく。
カマキリくんは生きた虫を食べて生きること。
そして、それを見守ることができないこと。。。

「また、遊ぼうね」とはらっぱに還してお話は終わります。

虫や縁日で買ったきんぎょなど。
小さな生き物を安易に飼ってしまい、死なせてしまったり、飼えなかった経験は誰にでもある記憶だと思います。

それを子ども自身が経験し気づき、どうすれば一番いいか答えを出していく絵本です。

きっと虫を連れて帰ってくることが息子にもあるでしょうが「どうせ世話しないんだからダメ」なーんて言うのはもったいないぞと思わせてくれました。

ついつい世話をしてしまいがちな大人が一切登場しないのも魅力的です。
きっと男の子は好きなんじゃないかな〜
(ともさん。さん 20代・ママ 男の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


タダ サトシさんのその他の作品

あそぼう!むしのもり / ダンゴロゴロちゃん / オオムラサキのムーくん / 紙芝居 さわがにのかこちゃん / はっけん!むしのもり / 紙芝居 たかいたかーい



本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

カマキリくん

みんなの声(29人)

絵本の評価(4.5

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット