だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
アルノと サッカーボール
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

アルノと サッカーボール

  • 絵本
作・絵: イヴォンヌ・ヤハテンベルフ
訳: 野坂 悦子
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,600 +税

「アルノと サッカーボール」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2011年05月20日
ISBN: 9784062626316

幼児から

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

アルノはパパからサッカーボールを買ってもらって、嬉しい反面、「大事にするのよ」とママに言われて、ちょっとビクビク。ピカピカのボールをもって外に出ると、当然のように「そのボールであそぼう」と、知らない子から誘われます。
初めてボールを地面に置く瞬間の気持ち、やがて試合にのめり込み、アルノがゴールを決め、試合終了。
サッカーに熱中して、家に帰るのがすっかり遅くなってしまい、ママはぷんぷん。でも、そんなことどうだっていい、ぼくたちはいい試合をしたんだ、とアルノは満足だったのです、というお話。

ベストレビュー

パパは、きっと心の中でガッツポーズをしているんじゃないかしら

お絵かき大好きのアルノのまた登場です。

タイトルのサッカーボールに、おや体を動かすことにめざめたかな?と思い、開いたら、やっぱり絵を描いていました、サッカーボールの。(笑)

試合用の本物のサッカーボールなんですね。
パパが買ってくれたんですね。
体も動かせ〜!って事かしら?

でも、ママの「大事にするのよ。パパがいいボールを買ってくれたんだから。」の一言が、ブレーキになっちゃったかな?

ボールを持って外に出て、サッカーの試合を見ているうちに、小さな子に声をかけられ、、一人二人とゴールのあるサッカーをする場所を探しながら仲間ができて行きました。

そして、アルノはサッカーの楽しさを知ってしまったのです。
家に帰ってからのママの小言なんかもう聞こえていないでしょう。

黙っていたパパは、きっと心の中でガッツポーズをしているんじゃないかしら?
(アダム&デヴさん 50代・ママ 男の子17歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


イヴォンヌ・ヤハテンベルフさんのその他の作品

ちいさな かいじゅう モッタ / あたまのなかのそのなかは? / バロチェのなつやすみ / バロチェとくまのスノウト / ぼくの ウサギ / とくべつないちにち

野坂 悦子さんのその他の作品

シラユキさんとあみあみモンスター / すききらいとんでいけ!もぐもぐマシーン / カワと7にんのむすこたち クルドのおはなし / おしえて、レンブラントさん / だって、だって、だって 〜ぼくは ニコデム〜 / おたすけなみだとおじゃまなみだ



お気に入りのくだものはどれ?

アルノと サッカーボール

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット