もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
カメをつって考えた
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

カメをつって考えた

  • 児童書
作: 阿部 夏丸
絵: 大島 加奈子
出版社: 旺文社

本体価格: ¥1,238 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「カメをつって考えた」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

この作品が含まれるテーマ

ベストレビュー

自然のなかで遊ぶということ

ちょっと説教くささはあるが、地球大好き人には共感度120%だった。
なによりうちには拾い亀がいます。
お話のお母さんと同じ経緯を辿って家にいるが、もはや私が飼っている。
人懐っこいこのつぶらな瞳にやられました。なので共感もひとしお。
スポーツで釣りをするより、昔ながらの身近な遊びの一種としての釣りが私も好きかなあ。遊びは生きるためにすることだからね。
アウトドア全般にいえることだが、高いお金をかけてスポーツやオシャレでするのではなく、生きることに即した自然遊びでいいのではないだろうか。私個人の意見ではあるが。

出来事は王道だが、その行間にこめられている心理戦のような作者の思いが小説となっている。字を読むのではなく、思いを読むお話かな。
主人公と一緒に読者が考える小説となっている。
親や周囲の大人が教えきれない環境の子供に、ぜひぜひ自然界が実はどうなっているか知ってもらいたい。

あと。純粋に釣りに興味のある子供に!
一本の釣り竿で、こんなに何種類も釣り分けられるんだよ!

ひとつ注文をつけるならば。
立ち入り禁止の池に近づくとどんなことになるか、どこかに説明を設けて欲しかった。
(てぃんくてぃんくさん 40代・せんせい 女の子13歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。

阿部 夏丸さんのその他の作品

ポプラ世界名作童話(2) トム・ソーヤーの冒険 / ピコのそうじとうばん / つたえたいきもちは木にのぼっておさがしください / キンギョのてんこうせい / じゅにあセレクション 10代のためのアンソロジ− part 4 / 講談社文庫 泣けない魚たち

大島 加奈子さんのその他の作品

通学路の草花えほん



おさかないっぱい!ちんあなごワールドのおあそび絵本

カメをつって考えた

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット