ぼくはかさ ぼくはかさ
作・絵: せな けいこ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
ぼくはかさ。たろうちゃんのおきにいりのかさだよ。だけど、このごろたろうちゃんは、おばけにばかりむちゅう。そうだ、ぼくも「かさばけ」になろう!
0歳の子と読みたい絵本ベストセレクションよりこの3冊をご紹介(1)
サカサかぞくの だんなしぶいぶしなんだ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

サカサかぞくの だんなしぶいぶしなんだ

  • 絵本
作・絵: 宮西 達也
出版社: ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2011年05月
ISBN: 9784593560783

240×210/ページ数:32ページ

課題図書すばこ

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

武士の家で
「ちち」がさらわれた!
「はんにんは?」
「だれだ?」
「わたしがさがしたわ」と犯人と対決!
「しんけんけんし」は、
 果たして「かつか」、それとも…。

抱腹絶倒の回文絵本、第3弾は、時代劇編!

サカサかぞくの だんなしぶいぶしなんだ

ベストレビュー

回文でみごとにストーリー

回文だけでしっかり物語になっています。
これには脱帽!

ただ、「は」と「わ」 「を」と「お」に違和感を感じたこと。
そして「?」という回文もあったこと。気になることは
ありますが、でもみごとだなと思いました。

オチもしっかりありますよ。母は強しですね。

ラストの夫婦の愛情を語る回文はちょっとこどもには
刺激的かもしれませんが、めでたしめだたしとは
なります。

できればですが、下の方に読み方の解説があると
もって読みやすくなると思いました。
読み聞かせはこのシリーズの中で一番よみやすいとは
思います。練習はぜったいです。

見事な回文で感心しました。
(そよかぜはなさん 40代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!

宮西 達也さんのその他の作品

さるとびすすけ 愛とお金とゴキZのまき / ヒヒヒヒヒ うまそう / またまた さんせーい! / かいてみよう カタカナ (2) / ほうちょうさん ききいっぱつ / はじめてのおとうさんはウルトラマン



子どもの気持ちに優しく寄り添ってくれるおやすみ絵本

サカサかぞくの だんなしぶいぶしなんだ

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット