おにたのぼうし おにたのぼうし
作: あまん きみこ 絵: 岩崎 ちひろ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
節分の夜、豆まきの音がしない一けん家にとびこんだおにのおにたは、病気の母を看護する少女に出会います。
miki222さん 30代・ママ

鬼にも色々あるのに
節分の日に鬼がやって来ると聞いて怖がっ…
おうちにいると幸せになれそう。。あの福ふくしいミッフィーに、新商品追加です♪
赤い靴
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

赤い靴

作: 山中 恒
絵: 東 逸子
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,165 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「赤い靴」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

戦争と国民性

少女が大切にしていた金髪の人形。
少女にとってはとても大切なものだったのですが、戦争中に大人たちはその人形を疎ましく思ったのです。
金髪だというだけで、敵国の人形だと思ってしまった人々。
実はドイツ人形だったのですが、日本人には同盟国と敵国の区別もなく、自分たち以外は敵国だと思っていたに違いありません。
そして、残念ながら島国という日本の特性なのか、いまだに日本人、外国人の差別化の構造が深く根付いていると思います。
なにか、日本の国民性の悲しさを感じさせるお話です。
人形は赤い靴を履いていました。
横浜港の異人さんにつれられていった人形とは別の話でした。
モノクロの挿絵の中のただ一枚。
人形が焼かれるシーンの赤は印象的。
人形が焼かれていく時の表情は苦悩していて、人間と変わりありません。
山中さんの体験に基づいているのでしょうか。
モデルがいるのでしょうか。
現実味をもった話しとして受け取りました。

山中恒さんの作品を読んできて、自分の知っていた山中さんと再会した感じになったお話です。
(ヒラP21さん 50代・パパ 男の子14歳)

出版社おすすめ

  • うきわねこ
    うきわねこの試し読みができます!
    うきわねこ
    作:蜂飼 耳 絵:牧野 千穂 出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
    MOE絵本屋さん大賞第2位!満月の夜の、ふしぎなおはなし。

山中 恒さんのその他の作品

角川つばさ文庫 ママは12歳 / 角川つばさ文庫 あばれはっちゃく -ワンぱく編- / 角川つばさ文庫 この船、地獄行き / 角川つばさ文庫 六年四組ズッコケ一家 / かぜのかみとこども / 角川つばさ文庫 おれがあいつであいつがおれで

東 逸子さんのその他の作品

Qはせかいいち / みつよのいた教室 / 名作を1冊で楽しむ ギリシア神話 / さとるくんの怪物 / 送り人の娘 / 想魔のいる街



困っているぼくのところに本物の神様が!

赤い靴

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット