あたしのすきなもの、 なぁんだ? あたしのすきなもの、 なぁんだ?
文: バーナード・ウェーバー 絵: スージー・リー 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
パパと女の子の すてきなお散歩♪ 「……100万年たっても、1億年たっても、きみの誕生日はわすれない」
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…15の特典が使える 【プレミアムサービス】
もりのおふろ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

もりのおふろ

  • 絵本
作・絵: 西村 敏雄
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥900 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2008年03月
ISBN: 9784834023152

読んであげるなら・ 2才から

出版社からの紹介

ライオン、ゾウ、ウサギ……たくさんの動物が森のおふろにやってきた。みんなで輪になり背中を流し、おふろにドボーン! ゆっくりお湯につかって、極楽極楽、いい気持ち!

ベストレビュー

ごしごし しゅっしゅ

もりにおふろがあって、大きな動物から小さな動物までいろいろな動物が入りにやってくる。。。それだけでも、ほほえましいなあって思ったのですが、種類のちがう動物たちが背中を洗い合う姿に、なんだか感動を覚えました。小さな子どもたちは「楽しそうだなあ、仲良しだなあ!やってみたいなあ!」って、遊びの感覚で見るのかもしれないけど、私にとっては、この絵本に出てくる動物たちの世界は、人間にとっての理想の世界像だなあって、思ってしまったんです。国や人種のちがいをこえて、相手のことを大切に思う気持ちを、この絵本を通して自然に感じ取れるのではないか。子どもたちにとっても大人にとっても、本当に出合うべき一冊だと思いました。

(けいご!さん 40代・ママ 女の子15歳、男の子11歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


西村 敏雄さんのその他の作品

アントンせんせい あかちゃんです / ハロウィン!ハロウィン! / マロンちゃん カレーつくってみよう! / おしりだよ / げたにばける / みんなの くまくまパン



大きくて愉快でだいすきなパパへの気持ちが絵本になりました

もりのおふろ

みんなの声(77人)

絵本の評価(4.45

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット