ねぼすけ ふくろうちゃん ねぼすけ ふくろうちゃん
作: マーカス・フィスター 訳: 林 木林  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
祝「にじいろのさかな」25周年 マーカス・フィスターのデビュー作!
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
はるのちょう
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

はるのちょう

  • 絵本
作・絵: 手島 圭三郎
出版社: 絵本塾出版 絵本塾出版の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2011年02月
ISBN: 9784904716335

B5・40ページ

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

はるのちょうたち めをさませ 
はるのちょうたち めをさませ 
ひろいのはらと たにこえて、ちょうたちのかげは、おどります。

輝く太陽が、大木のわれめの奥で眠る三匹のちょうたちに、
森中のはるのちょうに春が来たことを知らせるようにささやきます。
するとはるのちょうは次々と目覚め、森の中にあたたかな春を運んできます。
冬から春へ移り行く喜びに溢れた自然界を描く幻想物語。

はるのちょう

ベストレビュー

印象深い

手島さんの他のシリーズのように、蝶の生き様を描いているのかとよみはじめれば、幻想的なお話でびっくりしました!
季節のうつろいを蝶の姿であらわした独創性にひきこまれます。
見応えのある版画は今回もじっくり見入ってしまいました。特に、蝶の飛び立つシーンの迫力には圧倒されます。
春の時期になると思い出しそうな、印象深い絵本です。
 
(あんじゅじゅさん 40代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!

手島 圭三郎さんのその他の作品

きたきつねとしろふくろう たすけあう / はまなすのおかのきたきつね  /  しまふくろうとふゆのつき  / えぞふくろう ふぶきをのりこえる  / くまげらのもり / ひぐまのあき



もしあなたがシンデレラだったら?1人称童話シリーズ二作目登場

はるのちょう

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.43

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 0
  • 7歳 0
  • 8歳 2
  • 9歳 0
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 0
  • 大人 4



全ページためしよみ
年齢別絵本セット