なつみはなんにでもなれる なつみはなんにでもなれる なつみはなんにでもなれるの試し読みができます!
作・絵: ヨシタケシンスケ  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
ヨシタケシンスケがおくる、くりかえしが楽しいまねっこ絵本!
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

創意工夫に満ちて
なつみちゃん、かわいい! こんなに創…
大好きな絵本の可愛いあの子!【絵本キャラクターぬいぐるみ大集合】
リーリーとシンシン
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

リーリーとシンシン


出版社: 二見書房

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

内容紹介

パンダが上野にやってきた。来日した2頭のパンダ、リーリーとシンシン。その赤ちゃんの時からの姿を、飼育員自らが撮った貴重な写真と育児日誌で初公開。パンダの不思議と愛らしさを堪能できる1冊。

ベストレビュー

パンダ雑学が詳しいです!

1470円でちょっと高めだけど、その価値はあります。

写真とともにパンダ雑学が載っています。

たとえば、水の飲みすぎで「水酔い」と言われる状態になるとか。酔うわけじゃなく、本当はお腹が水でパンパンで苦しくて動きづらいだけなんですって。

あと、竹を食べるようになったのは、他の動物が食べないから、争わず意食べられて生存競争で残れるから!

こんな知識知らなかった!面白いです。写真つきなので娘が喜んでました。
(えみりん12さん 30代・ママ 女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • うきわねこ
    うきわねこの試し読みができます!
    うきわねこ
    作:蜂飼 耳 絵:牧野 千穂 出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
    MOE絵本屋さん大賞第2位!満月の夜の、ふしぎなおはなし。



「現実の大図鑑」シリーズ 編集者 小島卓さん

リーリーとシンシン

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット