話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
おんぶかあちゃん

おんぶかあちゃん

  • 絵本
作・絵: 近藤 薫美子
出版社: アリス館 アリス館の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,650

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2004年04月
ISBN: 9784752002680

4,5歳から

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

生まれたての63匹の子グモが、母グモの背中にのぼっていきます。おんぶして子育てするコモリグモの姿をユーモラスに綴った育児日記絵本。母親の深い愛情が伝わる作品です。

ベストレビュー

大人のクモでも体長5から10・!

動物や昆虫が好きな上の子が気に入りました。
大人になっても、体長が5〜10・にしかならない「ウヅキコモリグモ」は、その名の通り、自分の子どもを卵の頃から約一ヶ月もおぶって暮します。
その子どもの数は1匹や2匹ではありません。絵本では68匹になっていたので、だいたいはこのくらい生むんでしょうね。
人間がそんなにたくさんの子どもの世話をするのは、保育士さんくらいだろうから、普通のお母さんには想像を絶します。
背中に乗っている間に、子グモたちはエサの取り方や外敵からの危険を学び、孵化して約10日でお母さんの背中から巣立っていきます。
漫画チックにその10日間を描いてあって、子どもひとり一人に名前もついていて、更にひとり一人にセリフが描いてあるので、うちの子的には、すごく面白かったそうです。
(てんぐざるさん 30代・ママ 女の子9歳、女の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


近藤 薫美子さんのその他の作品

かなしみのぼうけん / むしホテルとなぞのちかしつ / せかいかえるかいぎ / むしホテルのおばけさわぎ /  えほん遠野物語 まよいが / ぴょんぴょんむし


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 生物学 > おんぶかあちゃん

愛を伝える絵本 レビューコンテスト

おんぶかあちゃん

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.5

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット