ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」
色彩に心奪われる、レオ・レオニの「絵本とマグカップ」のセット。贈り物にどうぞ。
シロは死なない
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

シロは死なない

作: 北方 謙三
絵: 浦沢 直樹
出版社: 小学館 小学館の特集ページがあります!

本体価格: ¥850 +税

「シロは死なない」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

捨て犬シロをすくうため、孝夫はがんばる!

捨て犬シロをすくうため、孝夫は自転車のペダルをこぐ! 冒険小説の巨匠・北方謙三とベストセラーまんが家・浦沢直樹が、未来ある子どもたちのために協力して生まれた、感動のストーリー。

ベストレビュー

命の大切さと思いやり

この本はどちらかというと、小学生ぐらいのお子さんのいる家庭にお勧めしたい本です。文章も結構あるのですが、イラストにもこの本のいいところが十分に表れています。
お話の内容は、少年が捨て犬を拾うのですが、両親に反対され、田舎のおじいちゃんのところへ預けに行こうとするのですが、途中でその子犬、シロは死んでしまいます。
私が、一番感動したのは、いえ、泣いてしまった場面は少年の必死の努力に最後まで応えようとしていた子犬が、彼(少年)の幼さゆえにたすけられなかったこと。そして、その少年の悲しいまでのひたむきな「どうにかして助けたい!」という想いがひしひしと伝わってくるところです。
今一度、この少年から「命の大切さ」と「命を慈しむ気持ち」を一人でも多くの人に受け取っていただきたいです。
(未菜ママさん 20代・ママ 女の子3歳)

出版社おすすめ


浦沢 直樹さんのその他の作品

泣いた赤鬼



『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

シロは死なない

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット