しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
カエルの目だま
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

カエルの目だま

  • 絵本
作: 日高敏隆
絵: 大野八生
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

在庫あり

物流センター移転に伴う配達遅延のお知らせ

本体価格: ¥1,300 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2011年05月
ISBN: 9784834026535

27X19cm・64ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

カエルの目だまにギンヤンマの目だま、ミズスマシの目だま。誰の目だまが一番か。
目だま自慢の結末は…。60年前、日本の動物行動学の第一人者である日高敏隆が、
まだ学生だった頃に書き下ろした歌ものがたり。

カエルの目だま

ベストレビュー

それぞれの生き物の「目だま」の個性

科学絵本といっていいと思いますが、意外とストーリー性があってびっくりしました。(著者のロマンチストな部分が伝わってきました)
この絵本では、登場するそれぞれの生き物の「目だま」の個性について
わかりやすく描かれていました。
字も絵も大きく描かれているので、読み聞かせにも使えそうです。
ただ著者が若かりし頃に描いた作品であるため、言葉が今流に砕けていないのと、「複眼」など、生物について多少の知識がないと理解しにくい部分もあるので、読み聞かせで使うのでしたら小学校中学年以上がよさそうです。

著者の日高さんは動物行動学者で京大名誉教授(2009年没)です。
昆虫少年だった彼の思い出を織り交ぜて書かれた
「世界を、こんな風に見てごらん(集英社)」は、章によっては小学校高学年くらいからでも読めるたのしい内容です。

もし、本書を読んで、生き物の習性の面白さに興味を持ったら、ぜひこちらも読んでみていただきたいな〜と、思います。


(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子21歳、女の子17歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!

大野 八生さんのその他の作品

かわいいゴキブリのおんなの子メイベルとゆめのケーキ / さくら研究ノート / 庭のたからもの / ハーブをたのしむ絵本 / ぼくの、ひかり色の絵の具 / 盆栽えほん



『きょうふのおばけにんじん』<br>中川ひろたかさんインタビュー

カエルの目だま

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.38

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット