もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
【迷ったらこれ!】おさるのジョージセット(ギフトラッピング込み)
カエルの目だま
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

カエルの目だま

  • 絵本
作: 日高敏隆
絵: 大野八生
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2011年05月
ISBN: 9784834026535

27X19cm・64ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

カエルの目だまにギンヤンマの目だま、ミズスマシの目だま。誰の目だまが一番か。
目だま自慢の結末は…。60年前、日本の動物行動学の第一人者である日高敏隆が、
まだ学生だった頃に書き下ろした歌ものがたり。

カエルの目だま

ベストレビュー

どの目もステキ

このお話は、池で自分の目を自慢するカエルとトンボとミズズマシのお話でした。それぞれが自分の目のすごい所を自慢する姿が面白いと言っていました。そして最後には小さなことを自慢してくだらないことだと気付き、池のみんなで仲良くなったというすてきなオチでした。
(イカリサンカクさん 30代・ママ 男の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


大野 八生さんのその他の作品

庭のたからもの / ハーブをたのしむ絵本 / ぼくの、ひかり色の絵の具 / 盆栽えほん / かわいいゴキブリのおんなの子メイベルのぼうけん / じったんのオムライス



新しいタイプのおやすみ絵本『バクのほんやさん』たきせあきひこさんインタビュー

カエルの目だま

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.29

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット