貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
福よ、コイコイ♪幸せがいっぱい訪れそうな「絵本おふくさん」の複製原画、できました♪
ぼくとチマチマ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ぼくとチマチマ

  • 絵本
作・絵: 荒井 良二
出版社: 学研 学研の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

「ぼくとチマチマ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2004年10月
ISBN: 9784052022531

幼児〜小学生(低学年)

この作品が含まれるシリーズ

みどころ

街がにぎやかになっていく様子が独特のタッチで描かれています。
どんどんどんどん、にぎやかになっていく中で、
「おはよう チマチマ。おはよう ぼく。」
という自然なやりとりに、なんともいえないすがすがしさを覚えます。

おはなし

ぼくはきのう、こねこをひろいました。
ぼくの街に、夜明けがやってきました。とりがピーピーピーとやってきました。
小さなたいこが、大きなたいこが、ラッパが、アコーディオンが、やってきました。
だんだん街はにぎやかになってきます。
バスや、列車もやってきて、どんどんにぎやかになっていきます。
そして太陽が、青空を連れてやってきて、朝がやってきたのでした。


出版社からの紹介

人気の絵本作家・荒井良二の描きおろし作品。「ぼく」のまちにいろんなものがやってきて、だんだんにぎやかになって、やがて太陽もやってきて…。心にイメージがすーっと入りこむ、やさしい荒井良二の世界が楽しめる一冊です。

ベストレビュー

いつもと違う朝

タイトルから、ぼくとチマチマに何か起こるのかなぁなんて想像しながら読み始めて、あれ?チマチマが登場するのは、最後だけ。
でも、何回もよんでいるうちにわかってきました。
”ぼく”には、いつもと同じ朝のようで、全然違う素敵な朝になったんですよね。
荒井良二さんの不思議な絵と物語。なんだか、読み終わると、すがすがしくて、今日も頑張ろうなんて、元気になれる絵本です。
(ロニママさん 30代・ママ 女の子1歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!
  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。

荒井 良二さんのその他の作品

きょうはそらにまるいつき / チロルくんのりんごの木 / そりゃあもう いいひだったよ / こどもる / ひゃくえんだま / はるってどんなもの?



本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

ぼくとチマチマ

みんなの声(28人)

絵本の評価(4.34

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット