庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
【クリスマスプレゼントに】年齢・お値段ごとに、沢山のギフトセットをご用意してます♪
絵本から 擬音語 擬態語 ぷちぷちぽーん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

絵本から 擬音語 擬態語 ぷちぷちぽーん

作: 後路好章
出版社: アリス館 アリス館の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,400 +税

「絵本から 擬音語 擬態語 ぷちぷちぽーん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2005年10月
ISBN: 9784752003175

四六版 152ページ

出版社からの紹介

絵本には「ざあざあ」などの擬音語や「にこにこ」などの擬態語が、たくさん使われています。
児童書編集歴40有余年、手掛けた児童書千数百冊の著者が、擬音語・擬態語の絵本における魅力を楽しく紹介。
擬音語・擬態語を使った、約50冊の絵本も紹介しています。

ベストレビュー

切り口がおもしろい

赤ちゃん絵本のことをもっと知りたくて検索していたら出会った本でした。

アリス館から出ているしと思って読んでみたのです。

良い本を出版している小さな出版社には、心意気だったり絵本にかける熱意だったりが感じられて、心の中で応援している出版社がいくつかあります。アリス館もその一つです。

擬態語・擬音語でまず思いつくのは『もこもこもこ』ですが、それ以外にもこの本の中でたくさん紹介されていて、

いつもは絵本を作る黒子としての役割の編集者さんが書かれていることもあり、本にまつわるお話がとてもおもしろくて、「へえーそうなんだ」と思うことばかりでした。

絵本というとどちらかというとストーリー性のあるものばかりに目が入ってしまうますが、擬音語・擬態語という切り口も実におもしろいと思ったのでした。

あとがきと作者紹介によると、作者の後路さんは、「絵本を使ったおもしろい授業」の講演を展開中だとか。

愛知にいらっしゃる機会はないのかな?

本だけでなく実際にお話も聞いてみることができたらいいなあと思いました。

ここで紹介されていた本やアリス館の本もまた読んでみたいと思います。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


後路好章さんのその他の作品

角川つばさ文庫 25の小さなおはなし / おじいちゃんと日の出を見たよ



『いのちのはな』のぶみさん、窪田等さんインタビュー

絵本から 擬音語 擬態語 ぷちぷちぽーん

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット