貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
0歳の子と読みたい絵本ベストセレクションよりこの3冊をご紹介(1)
ねことねずみ愛のものがたり
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ねことねずみ愛のものがたり

作: ナネット・ニュ−マン
絵: マイケル・フォアマン
訳: 岩倉 務
出版社: 平和のアトリエ

本体価格: ¥1,600 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ねことねずみ愛のものがたり」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

内容紹介

ねずみのジャスパーと8匹の子持ちねこのレオラが、動物たちに祝福されて結婚した。しかし、ハネムーンも終わらないうちに、ねことねずみの戦争が始まる。ジャスパーとレオラたちは…。愛と平和を築いた物語。

ベストレビュー

愛は平和のために

人間たちの戦争で家族を失い一人ぼっちのネズミのジャスパー。
同じく戦争で追い立てられ、食べるものにも困ってやつれたネコのレオラ。
ジャスパーはレオラの瞳に恋心を持ちます。
なけなしの食料を差し出したジャスパー。
レオラは自分が食べようとしたジャスパーに助けられ恋心を持ちます。
ネコとネズミが愛で結ばれ結婚しました。
若いネズミのジャスパーと、8匹の子持ちの母親ネコのレオラ。
愛がすべてに勝るということでしょうか。
ネコたちとネズミたちが戦争を始めようとしたとき、ジャスパーとレオラは平和の大切さを素朴な形で説いて回ります。
そして二人で築き上げた平和。
ネコたちとネズミたちの共存が実現します。
ネコとネズミにできることが、どうして人間たちにはできないのだろう。
この絵本はそう言っているように思えます。

マイケル・フォアマンの、戦争や平和や愛に満ちた世界がこの絵本の中でも展開されます。
フォアマンの本をまた見つけ出したことに満足。

この絵本には二つの漢字だけが使われています。
「目」と「愛」。
瞳と心の二つを強調したかったのだと思いますし、フォアマンの絵はまさしくそれに成功しています。
でも…、二つの漢字のほかに漢字を一つ見つけましたよ、いわくらさん。
(ヒラP21さん 50代・パパ 男の子14歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


マイケル・フォアマンさんのその他の作品

弱小FCのきせき / 走れ、風のように / 時をつなぐおもちゃの犬 / どうぶつ どうして どんどんどんと / モーツァルトはおことわり / 少年の木



「学校がもっと好きになる絵本」シリーズ刊行記念 くすのきしげのりさんインタビュー

ねことねずみ愛のものがたり

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット