メリー メリー クリスマス! メリー メリー クリスマス! メリー メリー クリスマス!の試し読みができます!
作: 岡村 志満子  出版社: くもん出版
クリスマス準備で困っている人は、クリスマスおたすけ隊におまかせ! 親子で楽しいクリスマスが味わえる絵本です。光るページつき!  
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
だれも知らない子供たち
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

だれも知らない子供たち


出版社: エンタイトル出版

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「だれも知らない子供たち」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

内容紹介

鉄条網に囲まれたキャンプの中で生まれた子どもたち。その生活とは。日本の子どもたちに難民や難民キャンプ、国境線について理解してもらえるよう、現地の子どもの絵とメッセージを絵本化。大人のための解説も掲載。

ベストレビュー

難民キャンプとは何ぞや?

ビルマ[ミャンマー]の歴史や難民キャンプのなんたるかを知らなくても、テレビや新聞で、時々登場する「スー・チー」さんの名前を聞いたことのあるお子さんたちは何人かいると思います。
解説を読むとよくわかるのですが、この国と日本は実は歴史的に関係の深い国です。
今、この写真絵本で紹介されている世界は、バーチャルではなく現実の世界。何年も決められた範囲(柵の中)に閉じ込められて生活するって、どんな感じなのでしょう?

この本に出てくる子どもたちの絵も写真も、背景にときどき“柵”が描かれていること以外、とても明るくて、楽しそうです。
書いたのは、この難民キャンプを援助しているボランティアの医学博士、京極さんです。
興味がある方はぜひ手にしてみてください。
小学校の高学年くらいから中学生・高校生のお子さんたちにお薦めしたい1冊です。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子16歳、女の子11歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




『雪ふる夜の奇妙な話』『夜の神社の森のなか』大野隆介さんインタビュー

だれも知らない子供たち

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット